AD SPACE

2010-06-17

カリブ海、中米と太平洋の携帯電話会社Digicelは、15%拡大。

Cellular-Newsは、カリブ海、中米と太平洋の32カ国で携帯電話サービスを展開しているDigicelは、加入者ベースで2010年3月31日までの1年間で15%上昇し、1080万人の顧客であったと報告した。

[AD] You can advertise on this site.

年収ではUS$22億であった。

これはDigicel市場が含まれている2007年から2010年までの合成年間成長率(annual growth rate)24%であった。

カリブ海とエルサルバドルで24の市場を包括するDigicel Groupの収入は一定のUS$17億5000万で、EBITDAマージンでは、39%から43%まで上がっている。

Digicel GroupのCEOコーム・デルベス(Colm Delves)は、

「Digicelのためにすばらしいもう1年でした。」
「私たちが提供する中で最も良い値、最も良いサービス、および最も良いネットワークは、私たちの顧客との約束と委任は、私たちの内部ターゲットのすべてに対して配信する上でもう一度私たちにもたらす持続的成長と安定した実績を続けています。」と言っている。

来年度Digicelは、ジャマイカで消費者にWiMAXサービス、フランス領西インド諸島とバーミューダーで3G+に着手すると報告している。

いよいよ、もっとも遅れた地域も3G時代を迎え、さらに一部ではWiMAX時代が到来する。
そして、漏れまで未経験であった人達が一気に、インターネット時代に遭遇することになる。

世界中でデジタル格差が急激縮まる時期に来た。

想像するだけで恐ろしくなる。
何もかもがひっくり返る!

世界中が、デジタル化でてんやわんやの大騒ぎになる。
日本の企業は、心の準備はできているのか?

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.