AD SPACE

2010-06-18

ロボット設計で、ゴキブリは最大の先生!

NSF(National Science Foundation/全米科学財団)は、NSFのサポートを受け、容易にあふれることができる将来のロボット移動モデルを研究しているオレゴン州立大学(Oregon State University)教授ジョン・シュミット(professor John Schmitt)と彼の同僚は、逃げるゴキブリからインスピレーションを得たと報告した。

[AD] You can advertise on this site.

ジョン・シュミットは、逃げるゴキブリを見たとき、病気(disease)か土(dirt)を考えないで、完全な動くマシンだと感じたと言っている。

そして、ゴキブリの行動から容易に最も荒い表面を移動できる脚型ロボットを開発しようとしている。

彼はゴキブリとホロホロチョウのように、容易に動くことができるロボットを作成しようとしている。

ゴキブリの尻より最大3倍高いブロックでの移動を調べたとき、彼らの投げ出された構えと広げられた脚で、ゴキブリは、約20%だけ行動が遅くなった。

シュミットと彼の同僚は動くロボットとして、地面における変化からホロホロチョウとほとんど同じくらい巧みに回収させるコンピュータ・モデルを開発した。

さらに彼らは、研究者が将来のロボット設計に適用できるように回復に関して擾乱される障害が、ポットなどのように穴を身ぶりで合図するという摂動から学ぶためにエネルギー貯蔵、費用、センサー、フィードバック条件、および脚の角度の相互作用を研究している。

目標は、結局本物の軍などが危険な状態、宇宙探検における起伏の多い土地を覆うことができるロボットを設計することである。

人間に関しては、この知識が人工器官を改良するときの助けるかもしれないと言っている。

現在のところ、プロジェクトで36歳のシュミットは、実際に昆虫と共に実地の状態で働いていない。
むしろ、彼の役割は、基礎として動物を使用して成長するコンピュータ移動モデルである。
例えば、彼はホロホロチョウがタッチダウンでそれらの脚の角度と脚の長さを変えるという考えで地勢で低下から回復し始めた。

彼の研究同僚で、カリフォルニア大学バークレイ校のロバート・フル(Robert Full at the University of California, Berkeley)は直接ゴキブリと共に働いている。

シュミットは、「彼の仕事は、走るのに従ってゴキブリ脚に起こる筋の活性化を調べるのに焦点を合わせました。」と言っている。

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.

AD SPACE