on-the-time.jp

2010年06月14日

白米は、糖尿病の発症リスクを高めると警告。

AFPは2010年06月15日に、米国のHSPH(Harvard School of Public Health/ハーバード大学公衆衛生大学院)の研究チームが、白米の摂取は2型糖尿病の発症リスクを高めると警告する研究結果を発表したと報告した。

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。

研究チームは、米国に住む成人19万7000人を22年間を、追跡調査した結果、白米の摂取が月1回以下の人びとと比較して、週に5回以上摂取していた人びとは2型糖尿病発症リスクが17%も高かったと報告している。
週に2回以上、玄米を摂取していた人びとは、白米の摂取が月1回以下の人びとよりも発症リスクが 11%低かった。

アジアと比較すれば少ないが、米国では近年、米の消費量が急増しており、その70%以上が白米を食べていた。

ハーバード大の研究チームは、日常的に食している白米の3分の1程度を玄米に置き換えるだけで糖尿病リスクを16%も下げることができると言っている。
また、白米を全粒粉に置き換えれば、糖尿病リスクは36%も下がたも報告している。

今回の研究結果について、研究チームは米を主食とするアジアなどの人びとにとっても大きな意味を持つものだと話している。

ただし、日本ではすでに同様のことをほとんどの人が知っている。

米国では、白米と脚気の関係も知らないのかもしれない。

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。