gaYa広告

2010年06月14日

白米は、糖尿病の発症リスクを高めると警告。

AFPは2010年06月15日に、米国のHSPH(Harvard School of Public Health/ハーバード大学公衆衛生大学院)の研究チームが、白米の摂取は2型糖尿病の発症リスクを高めると警告する研究結果を発表したと報告した。

【広告】 九州のお医者様の奥様が、偶然使われ、凄く良いので九州まで送って欲しいと言われ、早速対応させていただきました。 これはどこで買えるの?と聞かれてしまいました。お店は銀座三越4階「アトリエロングハウス」TEL: 03-3562-7012で購入いただけます。よろしくお願いします。

研究チームは、米国に住む成人19万7000人を22年間を、追跡調査した結果、白米の摂取が月1回以下の人びとと比較して、週に5回以上摂取していた人びとは2型糖尿病発症リスクが17%も高かったと報告している。
週に2回以上、玄米を摂取していた人びとは、白米の摂取が月1回以下の人びとよりも発症リスクが 11%低かった。

アジアと比較すれば少ないが、米国では近年、米の消費量が急増しており、その70%以上が白米を食べていた。

ハーバード大の研究チームは、日常的に食している白米の3分の1程度を玄米に置き換えるだけで糖尿病リスクを16%も下げることができると言っている。
また、白米を全粒粉に置き換えれば、糖尿病リスクは36%も下がたも報告している。

今回の研究結果について、研究チームは米を主食とするアジアなどの人びとにとっても大きな意味を持つものだと話している。

ただし、日本ではすでに同様のことをほとんどの人が知っている。

米国では、白米と脚気の関係も知らないのかもしれない。

【広告】 あなたがシャワーを使うときに犯している誤り!健康的で、清潔と考えて、そのシャワーを使うときの誤りで、あなたは発疹と乾燥肌を起こすかもしれない。美容と医学の科学専門家アマディン・イスナール(Amadine Isnard)は、熱いお湯がオイルを剥ぎ取ると教えた。例えば、汚い皿を洗うために私達が熱いお湯を使用する理由であると言っている。

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。