gaYa広告

2010年06月14日

モディリアニの彫刻が、最高値の4318万ユーロ(約48億円)で落札された。

AFPは2010年06月15日に、イタリア出身の芸術家アメデオ・モディリアニ(Amedeo Modigliani/1884 - 1920)の彫刻が2010年06月14日に、パリ(Paris)のクリスティーズ(Christie's)で行われたオークションに出品され、モディリアニの作品としては絵画も含めて最高値の4318万ユーロ(約48億円、手数料込み)で落札されたと報告した。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。


予想落札額は400~600万ユーロ(約4億5000万~6億7000万円、手数料別)とされていたが、約10倍で落札された。

モディリアニが1910~12年に制作したとされるこの彫刻は、石灰岩を彫った高さ65cmの作品で、細長い鼻、小さな口、アーモンド形の目、細長い首をした女性の長円形の頭部で、絵画でも良く見られるモディリアニの特徴を有している。

この作品は1912年に発表され、フランスの大手スーパーチェーン「モノプリ(Monoprix)」創業者の故ガストン・レビ(Gaston Levy)一族が所有し、その後、一般に公開されることはなかった。

また、今回の落札額はフランスで行われたオークションとしての最高額も更新し、これまでの記録は、2009年2月に行われたイヴ・サンローラン(Yves Saint Laurent)所蔵品のオークションでアンリ・マチス(Henri Matisse)の油彩画につけられた3590万ユーロ(約40億円)が最高値であったと報告している。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

【広告】 先日、オイルの全身パックをはじめて聞いたという方にお会いしました。実は、エジプトのファラオを埋葬するとき、バチカンで聖人を埋葬するときは、全身をオイルで清めます。また、ダビデ王が、はじめて宗教の王として任命されたときもオイルで清めています。それは、水では落とせない汚れを浮き出させて、きれいにしてから神になったのです。

この記事に関連する外部のサイト