gaYa広告

2010年06月14日

モディリアニの彫刻が、最高値の4318万ユーロ(約48億円)で落札された。

AFPは2010年06月15日に、イタリア出身の芸術家アメデオ・モディリアニ(Amedeo Modigliani/1884 - 1920)の彫刻が2010年06月14日に、パリ(Paris)のクリスティーズ(Christie's)で行われたオークションに出品され、モディリアニの作品としては絵画も含めて最高値の4318万ユーロ(約48億円、手数料込み)で落札されたと報告した。

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。


予想落札額は400~600万ユーロ(約4億5000万~6億7000万円、手数料別)とされていたが、約10倍で落札された。

モディリアニが1910~12年に制作したとされるこの彫刻は、石灰岩を彫った高さ65cmの作品で、細長い鼻、小さな口、アーモンド形の目、細長い首をした女性の長円形の頭部で、絵画でも良く見られるモディリアニの特徴を有している。

この作品は1912年に発表され、フランスの大手スーパーチェーン「モノプリ(Monoprix)」創業者の故ガストン・レビ(Gaston Levy)一族が所有し、その後、一般に公開されることはなかった。

また、今回の落札額はフランスで行われたオークションとしての最高額も更新し、これまでの記録は、2009年2月に行われたイヴ・サンローラン(Yves Saint Laurent)所蔵品のオークションでアンリ・マチス(Henri Matisse)の油彩画につけられた3590万ユーロ(約40億円)が最高値であったと報告している。

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 先日、オイルの全身パックをはじめて聞いたという方にお会いしました。実は、エジプトのファラオを埋葬するとき、バチカンで聖人を埋葬するときは、全身をオイルで清めます。また、ダビデ王が、はじめて宗教の王として任命されたときもオイルで清めています。それは、水では落とせない汚れを浮き出させて、きれいにしてから神になったのです。

この記事に関連する外部のサイト