2010年06月14日

NASAの津波予測システム・デモ。

NASAは、NASAが率いる研究チームは、初めて、速く、そして、正確に大きな地震を評価して、その結果として発生する津波のサイズを推定するプロトタイプの津波予測システムが要素を正しく作動したと報告した。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

2010年2月27日にチリで発生したマグニチュート8.8の地震の後、カリフォルニア州パサデナのNASAのジェット推進研究所(NASA's Jet Propulsion Laboratory in Pasadena, Calif.)のY.トニー・ソング(Yuhe Tony Song)が指導したチームは、その結果として発生する津波サイズを予測するために、機関のGDGPS(Global Differential GPS)ネットワークから、リアルタイムデータを収集するのに成功した。

JPLによって管理されているネットワークは、何百ものGPSサイトから世界的で地域のリアルタイムデータを結合して、毎秒彼らの位置を推定した。

それは、2、3cmくらい小さな地上動作まで見つけることができた。

Y.トニー・ソングは、
「この成功したテストは、沿岸のGPSシステムが津波のサイズを予測するのに効果的に用いることができることを証明します。」
「これは、信頼できる機関が命を救うことができるより良い警告を発して、沿岸の居住者の命を必要以上に混乱させる誤警報を減らすことを可能にしました。」と言った。

Y.トニー・ソングのチームは、過去最大の第5回器具で記録されたチリの地震が、穏健で、または太平洋のローカルで重要な破壊の津波が発生しないと結論を下した。

津波の影響は、チリの外側で比較的小さかった。

Y.トニー・ソングのGPSに基づく予測は、NASA/French Space Agencyの高度測定衛星(altimetry satellites)「Jason-1」「Jason-2」からの海面の高さ測定値(sea surface height measurements)を使って、後で確かめられた。

この作業は、オハイオ州立大学コロンバス校(Ohio State University, Columbus)の研究者によって部分的に実行された。

NASA's Science Mission Directorate in Washingtonの地球科学部門(Earth Science Division)にあるSolid Earth and Natural Hazardsプログラムのマネージャーであるジョン・ラブレーク(John LaBrecque)は、
「精度GPS、衛星高度測定と先進の地球モデルからの調整リアルタイム観察の価値は、示されました」と言った。

Y.トニー・ソングの海底地震が津波を発生させるために海へ動かすエネルギーを推定する予測方法は2007年に発表された。

大陸棚の端から海洋底への海底の降下するローカル大陸斜面に関する情報とともに、それは震源地の近くのGPSステーションからの沿岸データに頼る。

従来の津波警告システムは、大きな津波が発生するかもしれないかどうか決定するために、地震の場所、深さと大きさの推定に頼っていた。

しかし、歴史は地震大きさが津波サイズの信頼できる指標でないことを示した。
前の津波モデルは、津波の力が海底が垂直に非常に位置がずれる方法で測定されると考えられた。

Y.トニー・ソングの理論は、大陸斜面の横動作も運動エネルギーで海を動かすことによって津波の力に貢献すると言っている。

理論は、最近認められたNASAのGoddard Space Flight Center, Greenbelt, Md.の共著者シン・チャン・ハン(Shin-Chan Han)の研究報告でさらに実証された。

その研究は、2004年のスマトラ沖大地震で起こったインド洋での津波を調べるためにGRACE(NASA/German Aerospace Center Gravity Recovery and Climate Experiment)衛星からデータを使用した。

2010年2月27日の地震が襲ったとき、その地上運動は地震の震源地から146マイル離れたサンチァゴ、チリのそばで、NASA GDGPSネットワーク・ステーションによって捕えられた。

これらのデータはY.トニー・ソングが地震の1分以内に利用できるようにした。そして、彼は海底動作を引き出すことができた。

これらのGPSデータに基づいて、Y.トニー・ソングは津波のソースエネルギーを計算し、穏やかであると、それにランク4.8を付けた。
システムの4.8は、最も破壊的な10ポイントのスケールを基準にしている。

彼の結論は、GPSによって見つけられる地上運動が誤りのスリップがかなり小さい運動エネルギーを海へ動かすことを示したという事実に基づた。

GDGPSシステムのJPLマネージャであるヨーズ・バー-セバー(Yoaz Bar-Sever)は、「我々は、震源地に十分に近いステーションを持っているのが幸運でした。」
「それが十分に世界中で大きな地震を引き起こすことができるすべての断層帯をカバーするように、幅広い国際協力は、ネットワークを調査しているGPSの密度を高めることを要求されます。」といっている。

【広告】 シャワーのときに、石けんで洗う必要がない。チェビー・チェイスの女性のための消化剤センターの創立者ロビーネ・チュツカン医学博士は、毎日シャワーと石けんで汚れをこすり落とすことによって、私達は、良いバクテリアを皮膚からはいでいるといっている。汗まみれの運動の後でさえ、「gaYa-3」でオイル・パックをして、洗い流すことによって、水では落ちない泥や垢などの汚れを清潔にできます。

【広告】 乾燥肌にご注意ください。慢性化することがあるそうです。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。