on-the-time.jp

2010年06月14日

グッゲンハイム美術館が、YouTubeビデオアートのビエンナーレで作品募集!

イギリスのThe Guardianは、ニューヨークのグッゲンハイム美術館( Guggenheim Museum)がYouTubeを使ったビデオアートのビエンナーレを2010年10月に開催するので、創造の才能がある新しい世代の作品を募集していると報告した。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

「YouTube Play」では、世界中のどこからでもどんな芸術家からでも提出できるように招待している。

そして200のビデオが選抜候補リストとして、ビデオがサイトで発行されることになる。

有力なグッゲンハイムの館長ナンシー・スペクター(Nancy Spector)は、今回の考えは、博物館がどうより広い聴衆に連絡するかについて議論したときに来たと言った。

芸術家、デザイナー、および映画制作者の委員会は4日間をかけてグッゲンハイム展示品として、最も良い20の作品を選ぶことにしている。
展覧会は4カ月で、選択手順は3年か4年の典型的な管理努力より迅速に行われると言っている。

また、選ばれた作品は、グッゲンハイムの姉妹博物館があるベルリン、ビルバオ、およびベニスでも展示される。

つまり、世界のアーティストの入り口になる可能性が高い。

エントリーのための締め切りは7月31日で、 グッゲンハイムは多くの奉仕活動プロジェクトの一環として。、これが最新の活動だと言っている。

フランク・ロイド・ライト(Frank Lloyd Wright)によって設計された博物館の中央のスペースにアートワークを作成して、それらのデザインをFlickrで提出する公衆は、「Recontemplating The Void」と尋ねることだろうといっている。

【広告】 あなたがシャワーを使うときに犯している誤り!健康的で、清潔と考えて、そのシャワーを使うときの誤りで、あなたは発疹と乾燥肌を起こすかもしれない。美容と医学の科学専門家アマディン・イスナール(Amadine Isnard)は、熱いお湯がオイルを剥ぎ取ると教えた。例えば、汚い皿を洗うために私達が熱いお湯を使用する理由であると言っている。

【広告】 研究を行ったイギリスのチームによると、眉の可動性が非常に高いことは、言葉を使わない意思疎通能力を人間にもたらしたとされる。 この能力は大規模な社会的ネットワークの構築に不可欠であり、こうした社会を築くことで、人間は協力関係を拡大し、生存確率を高めることができたのだという。 「眉の動きが制限されるボトックス(botox/しわ取り注射)療法を受けた人は、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下するということが示されている。」と説明した。 そういえば。最近多くの女優や歌手がボトックス療法を受け、顔が固まったようになっている。 しわは石鹸などで洗いすぎ、皮下脂肪を流し落としたことで深くなる。 毎日、石鹸で顔を洗う人は、しわが深くなる。 顔を石鹸ではなく、例えば「gaYa-3」で汚れを浮かして洗い落とせば、しわはそれほど増えない。 顔の表現で、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下すると女優としての能力が低下し、成り立たなくなる。