on-the-time.jp

2010年06月14日

米国以外の新聞は、成功している?

ニューヨークタイムズ(New York Times)は、FTC(U.S. Federal Trade Commission/米国連邦取引委員会)は、「ジャーナリズムの再生をサポートする」方法を探していると報告した。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

その中には、先月発行された論文で、火曜日にミーティングで議論する予定であった困った米国ニュース・ビジネスを助ける可能な手段は公的な助成金、チャリティー、および、より強い著作権保護を含んで、概説されている。

これらの方向のどれかに向かう前に、OECD(Organization for Economic Cooperation and Development/経済協力開発機構)によって発行されるように設定された、裕福な市場経済民主主義としてパリを拠点とするグループの政策立案者は、別のレポートを読みたがっているかもしれないと言った。

それはOECD加盟国31カ国のニュース・ビジネスの状態と議論において、進行中、または、候補になっている企業救済の種類を調べている。

そのレポートで明確になったことは、新聞ビジネスが他のOECD加盟国より米国がはるかにひどく、やっているかということであった。

2007年から2009まで、産業収入が合衆国で30%下落した。 2番目に大きい衰退はイギリスの21%であった。

他の国では、ドイツが10%下がって、韓国が6%下がって、オーストラリアは3%下がって、オーストリアではわずか2%下がっているだけであった。

フランスも既に低レベルから、さらに3%の衰退を掲示した。

米国のすべての大人達の半分未満が2008年に定期的に新聞を読み、アイスランドは96%であった。

OECDの研究に示されていた別の衝撃的な食い違いは、コピーか購読の販売よりむしろ広告の依存度が米国新聞は異常に高いということであった。

2008年の収入における広告依存度は、米国で新聞の収入の87%を占め、ドイツは53%、イギリスは50%、および日本は35%であったと報告している。

ここで知りたいのが、重役といわれる人達の給料比較と、全収入への割合である。

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。