gaYa広告

2010年06月14日

タバコのパッケージのカラー規制!

美容と医学の科学

USA TODAYは、タバコのラベルと広告で「ライト(light)」か「マイルド(mild)」ように、単語を使用することに対する禁止令があることから、タバコ会社は同じメッセージを伝えるパッケージの色を軽くし、陰険であるとALA(the American Lung Association)とヘンリー・ワックスマン下院議員(D-カリフォルニア)が攻撃し、カラー規制を訴えていると報告した。

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

1年前にオバマ大統領によって調印された禁止法「Family Smoking Prevention and Tobacco Control Act」の一部が2010年6月22日に施行される。

この法案で、タバコ製品を規制する食品医薬品局に権威を与えた。

FDA指導のドキュメントが注意するように、多くの喫煙家は、「ライト」か「マイルド」とラベルに書かれたタバコが、他のものより「健康上の問題を引き起こすことがさらに少ない。」と誤って信じられている。

ワックスマンは2010年06月11日金曜日に色に関して、「これは法の網をくぐって、消費者をミスリードするたばこ業界によるわかりやすい試みです。」と言った。

ALAの副会長ポール・ビリングス(Paul Billings)は、
「たばこ業界は消費者行動とマーケティングに関する知識で横柄です。」と言った。

いよいよタバコは、カラー心理学からの規制も視野に入れられはじめた。

R.J.レイノルズ(R.J. Reynolds)のデヴィッド・ハワード(David Howard)は、例えば、Salemのパッケージが以前、緑色の同じ色合いであったたが、パッケージは現在、以前より「ライト」と呼ばれるより明るい緑色と白で、そして、青グレーは「超ライト」な白になったと指摘し、異なって有色のパッケージが、喫煙家をまだ彼らが望んでいる味を得ることができるのを確実にすると言いている。
そして、「結論はどんな安全なタバコもないということです。そして、確かに、それは大人のタバコ消費者の中で周知です。」と言った。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。