on-the-time.jp

2010年06月14日

科学者は、磁場を使用して3Dで細胞を育てる。

NSF(National Science Foundation/全米科学財団)は、本当の生きている組織で、より正確に薬か有毒化学物質の効果をまねるための取り組みで、ライス大学(Rice University)とヒューストンのテキサス大学M.D.アンダーソンがんセンター(University of Texas' M.D. Anderson Cancer Center in Houston)からの科学者は三次元形状で細胞を育てるのに磁気空中浮揚を使用する新しい検査技術を発見したと報告した。

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

人体の細胞は、細胞の適切な機能のため、驚くほど複雑で重要な立体環境に生きている。
例えば、肺は空気と血液の間で酸素と二酸化炭素を交換するために一緒に動く異種の細胞の層から成り立っている。
これらの細胞が一緒に動く方法、および彼らがお互いにコミュニケートするために表す化学物質は、それらがいつ平坦で、二次元の表面に住んでいるかを変えている。

細胞の行動と表現の違いを考えて、新薬と化学物質をテストする規格が平底のペトリ皿で育てられた細胞を使用するテストであることが、好奇心をそそった。

平面で育てられる細胞培養と比べて、これらの立体細胞培養は、より密接にボディーの中のものに類似している組織を形成した。

製造化学物質の安全性をテストするとき、技術的には、新薬の開発のコストを抜本的に削減して、動物の使用を抑える可能性がある。

この研究結果は、雑誌ネイチャーのナノテクノロジー(March 2010 in Nature Nanotechnology)の2010年3月号で発表した。

また、この立体テクニックは、速く簡単で、特殊装置を全く必要としない。

細胞培養を試みた他の技術と比べて、これらは大きい利点であった。

Nano3D Biosciencesは、追試を行っていると言って、増加している立体細胞培養のための長年のテクニックより、磁気空中浮揚が同じくらい良いか、または、より良いことを示すことを期待している。

また、Nano3D Biosciencesには、大気中化学物質の毒性をテストするのに使用できる肺の組織の層にされたモデルを育てるのにこのテクニックを使用するため、国立科学財団()から交付金がでている。

雑誌ネイチャーのナノテクノロジー(March 2010 in Nature Nanotechnology)の共著者には、 ライス大学のロバート・ラファエロ(Robert Raphael)、 ダニエル・スターク(Daniel Stark)、 ジャラヤマ・アナンタ(Jeyarama Ananta)、 トーマス・キリアーン(Thomas Killian)、Nano3D Biosciencesのグラウコ・スザ(Glauco Souza)、カーリー・レヴィン(Carly Levin)、M.D. Andersonのジェニファー・モリーナ(Jennifer Molina)、マイケル・小沢(Michael Ozawa)、ローレンス・ブロンク(Lawrence Bronk)、ジェイミー・マンデリン(Jami Mandelin)、マリア-マグダレーナ・ジェオルジェスク(Maria-Magdalena Georgescu)、ジェームズ・バンクソン(James Bankson)、ジュリー・ゲロバニ(Juri Gelovani)、ワディ・アラップ(Wadih Arap)、レナータ・パスカリーニ(Renata Pasqualini)が参加している。

調査研究には、NSF、M.D.アンダーソンのオデュッセイア・スカラー・プログラム(M.D. Anderson's Odyssey Scholar Program)、国防総省(Department of Defense)の乳ガン調査プログラム(Breast Cancer Research Program)、デヴィッド・ルシール・パッカード財団(David and Lucille Packard Foundation)、ギャルソン-ロバーグンゲン財団(Gillson-Longenbaugh Foundation)、マーカス財団(Marcus Foundation)、エンジェルワーク(AngelWorks)、国立衛生研究所( National Institutes of Health)、および国立ガン研究所(National Cancer Institute)が資金を供給した。

【広告】 研究を行ったイギリスのチームによると、眉の可動性が非常に高いことは、言葉を使わない意思疎通能力を人間にもたらしたとされる。 この能力は大規模な社会的ネットワークの構築に不可欠であり、こうした社会を築くことで、人間は協力関係を拡大し、生存確率を高めることができたのだという。 「眉の動きが制限されるボトックス(botox/しわ取り注射)療法を受けた人は、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下するということが示されている。」と説明した。 そういえば。最近多くの女優や歌手がボトックス療法を受け、顔が固まったようになっている。 しわは石鹸などで洗いすぎ、皮下脂肪を流し落としたことで深くなる。 毎日、石鹸で顔を洗う人は、しわが深くなる。 顔を石鹸ではなく、例えば「gaYa-3」で汚れを浮かして洗い落とせば、しわはそれほど増えない。 顔の表現で、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下すると女優としての能力が低下し、成り立たなくなる。

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

gaYa広告