gaYa広告

2010年06月14日

本田が日本のサッカーで歴史を作った。

FIFAは、「Honda creates history for Japan-Keisuke Honda of Japan (#18) celebrates scoring」を公開し、日本の本田圭佑(Keisuke Honda)がブルームフォンテーンのフリーステート競技場(Free State Stadium)で行われたカメルーン戦で、前半の39分に得点をあげ、日本が通算4試合目のFIFAワールドカップ(FIFA World Cup)で史上初の勝利を記録したと報告した。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

岡田武史(Takeshi Okada)監督のギャンブルとして、チームの得点不足を改善する試みとして、CSKAモスクワ(CSKA Moscow)でミッドフィールダーの本田圭佑を使って、この決定的な貢献は、、センター攻撃を仕掛ける作戦の勝利であったと解説している。

日本は、それらのウオーミングアップ・マッチが無ければ今回の勝利はなかったと言っている。
一方、カメルーンはステファン・ムビア(Stephane Mbia)を欠いたことが大きく、日本が恐怖を乗り切った。

日本はGroup Eで、オランダと共に勝ち点3をもぎ取った。
それは同時に、カメルーンとデンマークが死にものぐるいで襲いかかってくることになった。

先発出場選手リストに、ステファン・ムビアの名前が消え、驚きで試合は始まった。
それを補うためにジョエル・マチップ(Joel Matip)が中央の穴を埋まることになった。

もっとも、日本のフォワードの大部分が、グルノーブル(Grenoble)のミッドフィールダーとして活躍する松井大輔(Daisuke Matsui)を通して、正確な角度で本田にパスが渡り、本田のウィニング・ゴールに大きく貢献したことを忘れることはできない。

松井大輔のため、カメルーンのレフトバックであったブノワ・アッサウ(Benoit Assou)は、もっとも忙しい働きを強要されられた。

次は、19日のオランダ戦!

また、在南アフリカ日本大使館によると、14日午後6時半ごろ、フリーカメラマンの日本人男性(32)が試合後、フリーステート競技場から2km離れたホテルまで徒歩で移動中に3人組が近づき、うち1人に声を掛けられ立ち止まったところ、残りの2人に、カメラや現金、パスポートが入ったリュックサックを奪われる事件が発生した。

ブルームフォンテーンのフリーステート競技場(Free State Stadium)のGoogle Earthポインター情報
29° 7'2.21"S,26°12'31.92"E
または、
-29.117281, 26.208867

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 春夏秋冬、肌は油断大敵です。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

gaYa広告