2010年05月27日

コロンビアの美人コンテスト女王は、麻薬密売ボスで逮捕!

性とメディア

BBC Newsは、コロンビアの美人コンテストの女王が麻薬取り引きを導いた容疑で、アルゼンチンで逮捕されたと報告した。

【広告】 研究を行ったイギリスのチームによると、眉の可動性が非常に高いことは、言葉を使わない意思疎通能力を人間にもたらしたとされる。 この能力は大規模な社会的ネットワークの構築に不可欠であり、こうした社会を築くことで、人間は協力関係を拡大し、生存確率を高めることができたのだという。 「眉の動きが制限されるボトックス(botox/しわ取り注射)療法を受けた人は、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下するということが示されている。」と説明した。 そういえば。最近多くの女優や歌手がボトックス療法を受け、顔が固まったようになっている。 しわは石鹸などで洗いすぎ、皮下脂肪を流し落としたことで深くなる。 毎日、石鹸で顔を洗う人は、しわが深くなる。 顔を石鹸ではなく、例えば「gaYa-3」で汚れを浮かして洗い落とせば、しわはそれほど増えない。 顔の表現で、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下すると女優としての能力が低下し、成り立たなくなる。

31歳のコロンビアの美人コンテストの女王アンジー・サンスレメンテ・バレンシア(Angie Sanclemente Valencia)は、アルゼンチンからメキシコ経由でヨーロッパまでコカインを密輸するように若い女性を説得した容疑で起訴された。

アルゼンチンの警察は、ブエノスアイレスのユースホステル(youth hostel in Buenos Aires)で彼女を見つける前、すでに5カ月以上彼女を追跡し続けていた。

アンジー・サンスレメンテ・バレンシアは2000年のコーヒー女王の人気で称号を勝ち取ったが、その後結婚していたことが判明し、美人コンテストの規則の不履行で、称号を返却しなければならなかった。

検察官は、しばしば一流乗客として彼女が、コカインをアルゼンチンから運ぶため、メキシコのカンクンを経由してヨーロッパへ旅行するために他の若いモデルを募集したと言った。

アルゼンチンの報道では、彼女を「Narco女王(Narco Queen)」と呼び、彼女が2005年にメキシコでMonsterとして周知の麻薬密売人とロマンチックにかかわるようになって移ったと言った。

彼女は、2009年にアルゼンチンに移動したと言っている。

21歳のモデルがメキシコのカンクン(Cancun, Mexico)行きのフライトで、55kgのコカインを運ぶのが見つけられた後に、彼女に逮捕状が発行された。

彼女の逮捕は、6人のより申し立てられたギャング団の一員に通じた。
伝えられるところによれば、そのギャング団の一員は、女王アンジー・サンスレメンテ・バレンシアによって募集されていたと警察に言った。

女王アンジー・サンスレメンテ・バレンシアの弁護士は、彼女が、刑務所で彼女を攻撃されるか、またはレイプされると恐れたので、彼女の逮捕状が発行されたとき、自首していなかったと言った。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。

この記事に関連する外部のサイト