2010年05月17日

Wolfram Alphaのニッチ・ロマンは、まだ避け続けられている。

CNET Newsは、ウルフラム・アルファー(Wolfram Alpha)がデビューして1年経ったが、世界はまだ準備できていないと報告した。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

Googleの成功にもかかわらず、まだわずかしか、インターネット検索の問題を解決したと言わない。

コンテンツに対して共有されている方法は、いつもそのコンテンツを発見して提示する、より良い方法を歓迎するためにあまりに急速に手段を発展させたと言うことになる。

確かに、ウルフラム・アルファーはインターネット検索について考える異なった方法を提供した。

それは大いにコンピュータの疑問に向かって重みを加え、そして、単にWebで利用可能なものなら何でも供給することと対照的に、結果の管理者を務める習慣は結果が、リンクのリストより正式である場合があることを意味した。
しかし、その戦略が、それとして役に立つのは、研究者と技術的なタイプで、大衆が共鳴していないということかもしれない。

ComScoreのwolframalphaへのユニークユーザーの評価は、昨年の2009年5月より少ない人々が、2010年4月にサイトを訪れていた。

昨年のトラフィックは、好奇心とメディアの関心によって確かに活気づけられ、そして、2009年晩夏のくさび以来、用法は上昇していた。
しかし、検索プロバイダとしてのウルフラム・アルファーは、ComScoreのレーダー上に登録さえされなかった。

それらの中で、博士号なしでウルフラム・アルファーのプロフィールを上げるかもしれない変化が、来るかもしれない。

ウルフラム・アルファーは、ホームページを変更することを計画して、大衆的なより文化に優しい情報のための局所マッピングに関するスポーツ、音楽、健康情報、それ自身の意見など、データを加え始める。

一周年記念祭で、ウルフラム・アルファーは内容を広げた。

一般道路地図は、サーチエンジン、および、もう少し役に立たないのにもかかわらずの、クールな種類の気象通報で宇宙に利用可能になる。

Webは実に難しい。
技術的に面白くても、ユーザーは付いてこない。
思想が良くても、ユーザーは付いてこない。

何が、ヒット売るのか?
なぜ、Twitterはヒットしたのか?
誰も正確な答えを持っていない!

しかし、挑戦者は訴え続ける。

そして、私の挑戦を続ける。
それは、前に転けて死ぬという挑戦者の宿命かもしれない。
後ろに転けるのは、避けたいというロマンかもしれない。

【広告】 研究を行ったイギリスのチームによると、眉の可動性が非常に高いことは、言葉を使わない意思疎通能力を人間にもたらしたとされる。 この能力は大規模な社会的ネットワークの構築に不可欠であり、こうした社会を築くことで、人間は協力関係を拡大し、生存確率を高めることができたのだという。 「眉の動きが制限されるボトックス(botox/しわ取り注射)療法を受けた人は、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下するということが示されている。」と説明した。 そういえば。最近多くの女優や歌手がボトックス療法を受け、顔が固まったようになっている。 しわは石鹸などで洗いすぎ、皮下脂肪を流し落としたことで深くなる。 毎日、石鹸で顔を洗う人は、しわが深くなる。 顔を石鹸ではなく、例えば「gaYa-3」で汚れを浮かして洗い落とせば、しわはそれほど増えない。 顔の表現で、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下すると女優としての能力が低下し、成り立たなくなる。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。