on-the-time.jp

2010年05月17日

Wikipediaの共同設立者ジミー・ウェールズが、アドミン権利を放棄。

VNU Netは、Fox Newからの情報として、ぞんざいな戦術のために共同体でポルノグラフィの画像を降ろす際に多くを怒らせた後、Wikipediaの共同設立者ジミー・ウェールズ(Jimmy Wales)はオンライン百科事典Wikipediaのコンテンツ管理権を放棄したと報告した。

【広告】 春夏秋冬、肌は油断大敵です。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

Fox Newは、ジミー・ウェールズには現在、Wikipediaに関してる「下級管理者」のアドミン権利があると報告し、ファイルを削除、管理者を免職、プロジェクトを割り当て、または内容を編集ができなくなっていると報告している。

ウェールズが2010年4月に、Fox Newのポルノグラフィーであると理解できた何千もの画像について書いた記事に応じて、直接コンテンツを一部削除し、命令することによって、共同体によって管理されたサイトの不安は始まった。

Fox Newによると、1人の怒った管理者が、「これが正当で、即座に、そして一方的に、王の独善的行為を必要とする非常時であれば、私は、ウェールズが非常時について私たちに説明しなかったことを残念に思います」と書いている。

特別管理権などという権力は、ときどき独裁的な暴走が起こるのは、これまでの歴史で十分に明らかになっている。

そして、今回、それがWikipediaでも起こったと言うことである。
そして、責任を取ったのだろう。

しかし、世間一般ではこのようなとき、逆上し、避難者を逆に攻撃することの方が多い。
つまり、自己正当化のために、多くが暴走することも多く起こってきている、そのような人ほど怖いものはないので、ジミー・ウェールズは正常な判断ができる精神状態であったと言うことかもしれない。

Wikipediaの幹部組織が、無意識の中で、すでに封建組織や軍隊のような階級制度ができていたと言うことだろう。

利権を取ったと言って喜ぶ人も多いが、実際はそれが権力主義への第一歩になることの方が多いと言うことも事実である。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

この記事に関連する日付

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。

この記事に関連する外部のサイト