gaYa広告

2010年05月17日

Fitchは、世界で5番目の携帯電話会社Bharti Airtelの格付けを下げた。

Cellular-Newsは、フィッチ(Fitch)は、バルティ・エアテル(Bharti Airtel/भारती एयरटेल)のARPUでインドの過密化しているワイヤレス市場での激しい価格競争に関して、用心深いままであると言い足した。ワイヤレスの市場は最近の急減に通じた。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

FY10収益の成長は、対FY06-FY09の間の34%のCAGRと比較して、わずかに減退している加入者シェアから明白なように、12%にすぎなかった。

アフリカの財務実績で、Bhartiの獲得の前に貧しいメモ、収入、およびEBITDAも12%と11%で、それぞれ低下させて、会計年度から2009年終わり-12月にUS$1億の純損失を記録した。

これらの操作は圧力をずっと下回るかもしれないが、統合リスク、外為リスク、より高い運用経費、および地理的、政治的な理由のため、政府機関は、アフリカの操作において、Bhartiが2009年の性能を改良できると言っていた。

Bharti Airtelは、インド、アフリカ15カ国、スリランカ、およびバングラデシュの18カ国で、約1億7900万人の加入者がいる。

Bharti Airtelが格付けを落としたのは、ザイン・アフリカの経営権獲得に続いて起こった。

今、多くの携帯電話会社がネットワークのバージョンアップで苦しんでいる。
今まさに、貧民市場が多くうねり始めた。

よほど操縦に慎重にならないと、大きな波にのまれることも考えられる。
恐ろしいスピードで、市場がうねっている。

しかし、最近の売り上げを見てくると、格付けを下げるのは当然だろう。

【広告】 研究を行ったイギリスのチームによると、眉の可動性が非常に高いことは、言葉を使わない意思疎通能力を人間にもたらしたとされる。 この能力は大規模な社会的ネットワークの構築に不可欠であり、こうした社会を築くことで、人間は協力関係を拡大し、生存確率を高めることができたのだという。 「眉の動きが制限されるボトックス(botox/しわ取り注射)療法を受けた人は、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下するということが示されている。」と説明した。 そういえば。最近多くの女優や歌手がボトックス療法を受け、顔が固まったようになっている。 しわは石鹸などで洗いすぎ、皮下脂肪を流し落としたことで深くなる。 毎日、石鹸で顔を洗う人は、しわが深くなる。 顔を石鹸ではなく、例えば「gaYa-3」で汚れを浮かして洗い落とせば、しわはそれほど増えない。 顔の表現で、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下すると女優としての能力が低下し、成り立たなくなる。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。

この記事に関連する外部のサイト