gaYa広告

2010年05月17日

日本での「iPad」は、ソフトバンクだけに閉じこめられてしまった!

Mac Observerは、WSJ(Wall Street Journal/ウォール・ストリート・ジャーナル)からの情報として、Apple社は最終的に、3G iPadが利用できるのはソフトバンクだけになってしまったようだと報告した。

【広告】 春夏秋冬、肌は油断大敵です。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

Apple社は1月にiPadを導入したとき、データ通信が接続できる3GのワイヤレスをサポートするiPadモデルは、ユーザーが欲しい携帯電話会社のデータプランを選ぶ自由があるように特定のキ携帯電話会社にロックされないと言った。

しかし、日本では、NTTドコモがiPadデータパッケージも提供しないので、ソフトバンクが提供するプランを使用するのに制限されることになった。

これは、iPhoneの時も同じで、NTTドコモとKDDIが拒否した。

日本の外を旅行するとき、ユーザーは他の携帯電話会社からSIMカードを自由に購入できるので、高価なローミング追加料金を支払う必要はない。

また、日本に旅行する海外からのiPad所有者は、自分達のタブレットでもソフトバンクのSIMカードを使用できるので、朗報になった。

またまた、NTTドコモの考えで、日本のユーザーだけが不便な思いをすることになってしまった。
協調性が、まったく国際的ではない。

まさに島国根性のお山の大将は、小さな島の中で威張っています。

日本のiPadユーザーは、NTTドコモにいじめられることになった。

もっとも、Wi-Fiだけの場合は、携帯電話会社と関係ないので、まったく問題はない。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。