gaYa広告

2010年05月17日

ステーキではなく、ソーセージを食べ続けると心臓病の危険性が増す!?

美容と医学の科学

BBC Newsは、雑誌「Circulation」で、肉のステーキとソーセージはは同様の脂肪含量があるという事実にもかかわらず、ステーキではなく、ソーセージを食べ続けると心臓病の危険性が増すというハーバード大学の公衆健康チーム(The team from Harvard School of Public Health)の研究調査が発表されたと報告した。

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。

研究者は、同様の量のコレステロールと飽和脂肪を考えて、違いが塩によって説明されるかもしれないと推測し、そして、加工肉の予防法を指摘した。

Red and Processed Meat Consumption and Risk of Incident Coronary Heart Disease, Stroke, and Diabetes Mellitus. A Systematic Review and Meta-Analysis
Renata Micha RD, PhD*, Sarah K. Wallace BA, and Dariush Mozaffarian MD, DrPH

From the Department of Epidemiology (R.M., S.K.W., D.M.), Harvard School of Public Health, and Division of Cardiovascular Medicine and Channing Laboratory (D.M.), Department of Medicine, Brigham and Women's Hospital and Harvard Medical School, Boston, Mass.

* To whom correspondence should be addressed. E-mail: rmicha@hsph.harvard.edu.

これは、スモーク、熟成、または塩味を付けることによって保存されたどんな肉にも定義され、ベーコン、ソーセージ、サラミソーセージ、および他のランチョンミートを含まれた。

塩は、人々の血圧、主要な心疾患の危険因子を増加させる。

動物実験では、硝酸塩予防法は、アテローム性動脈硬化症を促進して、耐糖能を減少させることができた。
それは、心臓問題と糖尿病を引き起こす。

ハーバード大学の公衆健康チームは、10カ国で100万人以上の20スタディを調査した。

平均各50g単位で、1日あたりのソーセージなどやベーコン類などの加工肉の給仕は、冠状動脈性心臓病を42%上昇させ、糖尿病の19%以上の高い機会と、高いリスクが関連していた。

しかし、2倍の牛肉、ラムまたは豚肉などの未加工の肉を食べると、そのようなリスクはなかった。

トップ記事の著者レナータ・ミーヒャ(Renata Micha)は、
「これらのタイプの長期の観察的研究で、因果を立証できませんでしたが、これらの研究のすべてがその他の危険因子に適応しました。」
「また、未加工の肉と加工肉を食べることに関連している生活要因も同様でしたが、加工肉だけが、より高いリスクにリンクされました。」と言った。

イギリスのHeart財団の先任心臓健康栄養士ビクトリア・テイラー(Victoria Taylor)は、
「あなたが赤肉が好きであるなら、バランスのとれている心臓の健康にとって、よい食事の一部として、まだ食べ続けることができます。」

「少し注意してください。そして、最初からグリルやベーキングのような、より健康な調理方法を使用することを目指してください。」
「風味を加える必要があるなら、塩の代わりに新鮮で乾いたハーブ、スパイス、およびチリを使用してみてください。」と言っている。

しかし、肉を食い続ければ、いずれ大きな病気になることだろう。
私はすでに数年間菜食主義で、動物性タンパク質は、揚げ豆腐とちくわにしています。

見事に、そして健康的に痩せました。

しかし、本当はステーキより、ソーセージが大好きです。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

【広告】 シャワーのときに、石けんで洗う必要がない。チェビー・チェイスの女性のための消化剤センターの創立者ロビーネ・チュツカン医学博士は、毎日シャワーと石けんで汚れをこすり落とすことによって、私達は、良いバクテリアを皮膚からはいでいるといっている。汗まみれの運動の後でさえ、「gaYa-3」でオイル・パックをして、洗い流すことによって、水では落ちない泥や垢などの汚れを清潔にできます。

gaYa広告