2010年05月17日

イギリスの登山家は、エベレストの登頂記録を8回にした。

BBC Newsは、イギリスのフェアフォード(Fairford)出身の登山家ケントン・クール(Kenton Cool)が自身が樹立した記録を破って、グロスターシア(Gloucestershire)からのエベレストの登頂で、 0600 local time (0100 BST)に8回目を成功させたたと報告した。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

今回の登頂では、イギリス人でもっとも若い女性のエベレスト登頂者になった22歳のボニタ・ノリス(Bonita Norris)を含む4人の他の登山者が遠征登頂に成功するように導いていた。

ケントン・クールの妻ジャズ(Jazz)は、シェルパの支持者によって同伴されたグループが、2010年05月13日木曜日にベースキャンプを出たと言った。

遠征の他のメンバーは、2人の米国人の男性とオーストラリア人の女性であった。

ケントン・クールは2006年に、チベットの8,000mの頂上からスキーをした最初のイギリス人になって有名になった。

2007年にはDream Guidesとして、「デスウォール(Death Wall/死の壁)」と呼ばれたスイスのアイガー北壁を導く、初代イギリス人ガイドになった。

クライアントは、ラヌルフ・ファインズ卿(Sir Ranulph Fiennes)と遠征でチャリティーのキューリー癌ケア(Marie Curie Cancer Care)のために、200万ポンドを集めた。

私はヒマラヤの登山隊に会うたびに、麓のカトマンズで、きっと死に場所を探しているのだろうと思っていた。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 研究を行ったイギリスのチームによると、眉の可動性が非常に高いことは、言葉を使わない意思疎通能力を人間にもたらしたとされる。 この能力は大規模な社会的ネットワークの構築に不可欠であり、こうした社会を築くことで、人間は協力関係を拡大し、生存確率を高めることができたのだという。 「眉の動きが制限されるボトックス(botox/しわ取り注射)療法を受けた人は、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下するということが示されている。」と説明した。 そういえば。最近多くの女優や歌手がボトックス療法を受け、顔が固まったようになっている。 しわは石鹸などで洗いすぎ、皮下脂肪を流し落としたことで深くなる。 毎日、石鹸で顔を洗う人は、しわが深くなる。 顔を石鹸ではなく、例えば「gaYa-3」で汚れを浮かして洗い落とせば、しわはそれほど増えない。 顔の表現で、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下すると女優としての能力が低下し、成り立たなくなる。

gaYa広告