gaYa広告

2010年05月17日

イギリスの登山家は、エベレストの登頂記録を8回にした。

BBC Newsは、イギリスのフェアフォード(Fairford)出身の登山家ケントン・クール(Kenton Cool)が自身が樹立した記録を破って、グロスターシア(Gloucestershire)からのエベレストの登頂で、 0600 local time (0100 BST)に8回目を成功させたたと報告した。

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。

今回の登頂では、イギリス人でもっとも若い女性のエベレスト登頂者になった22歳のボニタ・ノリス(Bonita Norris)を含む4人の他の登山者が遠征登頂に成功するように導いていた。

ケントン・クールの妻ジャズ(Jazz)は、シェルパの支持者によって同伴されたグループが、2010年05月13日木曜日にベースキャンプを出たと言った。

遠征の他のメンバーは、2人の米国人の男性とオーストラリア人の女性であった。

ケントン・クールは2006年に、チベットの8,000mの頂上からスキーをした最初のイギリス人になって有名になった。

2007年にはDream Guidesとして、「デスウォール(Death Wall/死の壁)」と呼ばれたスイスのアイガー北壁を導く、初代イギリス人ガイドになった。

クライアントは、ラヌルフ・ファインズ卿(Sir Ranulph Fiennes)と遠征でチャリティーのキューリー癌ケア(Marie Curie Cancer Care)のために、200万ポンドを集めた。

私はヒマラヤの登山隊に会うたびに、麓のカトマンズで、きっと死に場所を探しているのだろうと思っていた。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。