gaYa広告

2010年05月15日

世界的に有名なヘビとクモの研究所が火災で崩壊した。

BBC Newsは2010年05月17日に、ヘビとクモの収集で世界的に有名なブラジルのサンパウロ(Sao Paulo, Brazil)にある研究所Instituto Butanta(Butantan Institute)が2010年05月15日に火事になり、研究センターに収容されたヘビとクモ、サソリは、炎によって破壊されたと報告した。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

Butantan Instituteの館長は、全体の収集の破壊が「人類への損失」であると言った。

研究所は、血清とワクチンを作り出すのに使用され、近くに収容された生きた動物は、害を及ぼされなかったと言った。

館長のフランシスコ・フランコ(Francisco Franco)は、「世界最大のコレクションであった全体が消えた。」と言っている。

このコレクションは100年間続けられ、中には、非常に珍しい種や絶滅した種も含まれていた。

消防士は、標本を保存するのに使用される可燃性液体が、炎を拡大したと言っていた。
炎の原因は調査中である。

知人が日本のヘビの研究所でアルバイトをしていたことがあると言っていたが、毒蛇も多く、非常に危険だったと言っていた。

消防隊も、大切なコレクションでも簡単には救出できなかったことだろう。

Instituto Butanta(Butantan Institute)のGoogle Earthポインター情報
23°34'8.72"S,46°42'53.32"W
または、
-23.569089, -46.714811

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。