on-the-time.jp

2010年05月15日

世界的に有名なヘビとクモの研究所が火災で崩壊した。

BBC Newsは2010年05月17日に、ヘビとクモの収集で世界的に有名なブラジルのサンパウロ(Sao Paulo, Brazil)にある研究所Instituto Butanta(Butantan Institute)が2010年05月15日に火事になり、研究センターに収容されたヘビとクモ、サソリは、炎によって破壊されたと報告した。

【広告】 研究を行ったイギリスのチームによると、眉の可動性が非常に高いことは、言葉を使わない意思疎通能力を人間にもたらしたとされる。 この能力は大規模な社会的ネットワークの構築に不可欠であり、こうした社会を築くことで、人間は協力関係を拡大し、生存確率を高めることができたのだという。 「眉の動きが制限されるボトックス(botox/しわ取り注射)療法を受けた人は、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下するということが示されている。」と説明した。 そういえば。最近多くの女優や歌手がボトックス療法を受け、顔が固まったようになっている。 しわは石鹸などで洗いすぎ、皮下脂肪を流し落としたことで深くなる。 毎日、石鹸で顔を洗う人は、しわが深くなる。 顔を石鹸ではなく、例えば「gaYa-3」で汚れを浮かして洗い落とせば、しわはそれほど増えない。 顔の表現で、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下すると女優としての能力が低下し、成り立たなくなる。

Butantan Instituteの館長は、全体の収集の破壊が「人類への損失」であると言った。

研究所は、血清とワクチンを作り出すのに使用され、近くに収容された生きた動物は、害を及ぼされなかったと言った。

館長のフランシスコ・フランコ(Francisco Franco)は、「世界最大のコレクションであった全体が消えた。」と言っている。

このコレクションは100年間続けられ、中には、非常に珍しい種や絶滅した種も含まれていた。

消防士は、標本を保存するのに使用される可燃性液体が、炎を拡大したと言っていた。
炎の原因は調査中である。

知人が日本のヘビの研究所でアルバイトをしていたことがあると言っていたが、毒蛇も多く、非常に危険だったと言っていた。

消防隊も、大切なコレクションでも簡単には救出できなかったことだろう。

Instituto Butanta(Butantan Institute)のGoogle Earthポインター情報
23°34'8.72"S,46°42'53.32"W
または、
-23.569089, -46.714811

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。