on-the-time.jp

5-16

アシュハラ・トリティアの日(Akshaya Tritiya day)

今日は、インドで「最も縁起の良い日」です。

6カ月の干ばつが終わる日曜日、インドで結婚式ラッシュ!

[AD] You can advertise on this site.

BBCは2010年05月16日に、6カ月の干ばつが終わる日曜日は縁起が良いと考えられ、インドで巨大な結婚式の殺到が起こると報告した。

インドのヒンズー教徒は、5月16日が4つのカレンダーで最も縁起の良い日の1つであると信じている。

インドのプロの結婚プランナーは、約5万組みの結婚式がムンバイで行われて、デリーでそれの半分が行われると言っている。

しかし、この集団結婚式は、聖職者、仕出し屋、および結婚式の会場不足を引き起こしている。

それは大事件だ!

そして、インドのプロの結婚プランナーにも合って見たい。

ヒンズー暦によると、5月16日日曜日はアシュハラ・トリティアの日(Akshaya Tritiya day)で、結婚生活に入ることを含んで、新しいベンチャーを始める最も縁起の良い4日間の最初の日である。

占星術師プレミラ・デビ(Premila Devi)は、アシュハラ・トリティア(Akshaya Tritiya)が「永遠の幸運をもたらす1日」であると言っている。
「ビジネスのように、どんな良いベンチャーも始めるのに、最も縁起の良い時で、結婚または新築の家に引っ越すことです。」と言っている。

確かに、それは仕出し屋、宝石職人、および結婚プランナーに財産をもたらしている。

しかし、また、レジが鳴っている間、伝統的に気前のよいインドの結婚式は結婚式場、花、およびヒンズー教の僧侶の不足を引き起こしている。

Akshaya Tritiyaは、新しい事業を始めるために不吉であると見なされたほとんど6カ月の干ばつを終わらせる。

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.