AD SPACE

2010-05-12

逃亡星(Runaway Star)

NASAは、重い逃亡星は、人が月へ旅立つことができて、2時間で後退することができる速度に等しい時速250,000マイル以上で、近くの星の保育園から急い離れていると報告した。

[AD] You can advertise on this site.

これは、一団のさらにより屈強な兄弟によってそのホームの外へ追い出された非常に大きい星で最も極端な事例と言える。

住所不定の星が、近い大マゼラン雲(nearby Large Magellanic)の中の耳ざわりな星の飼育所30Doradus Nebulaから外れている。

星のnuseryはこの画像の中央で見ることができる。

この調査結果は、ヘビー級の星を研究するためにそれをユニークな実験室として、局所宇宙で最も大規模な星が30Doradusに住んでいるという証拠を強めている。

また、30Doradusと呼ばれているタランチュラ星雲(Tarantula Nebula)は、地球からおよそ17万光年離れたところにある。

ハッブル宇宙望遠鏡(Hubble Space Telescope)の新たにインストールされたCOS(Cosmic Origins Spectrograph)、およびいくらかの古くに作成された探偵のような仕事を含む3つの天文台からのわずかな手掛りは、星が疑われた「R136」と呼ばれる巨星クラスタのホームから約375光年旅行したかもしれないと示唆した。

「R136」は、「30Doradus」のコアで気持ちよく横たわっていて、それぞれ100の太陽質量を上回っているいくつかの星を含んでいる。

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.