on-the-time.jp

2010-05-12

中国の2009年度版「上場企業金牛百強賞」が発表された。

中証網は、「中国证券报“2009年度上市公司金牛百强奖(2009年度の上場企業金牛百強賞)"榜单揭晓」を公開し、中国の証券時報が毎年実施している「上場企業100強」の2009年度版が2010年05月12日に発表されたと報告した。

[AD] You can advertise on this site.

この2009年度版の「上場企業100強」は、中国の経済誌当方財富網は2010年5月7日に、「证券时报2009年度上市公司价值百强评选方案」の投票を開始したと報告していた。

また、「上場企業100強」は「金牛百強」とも呼ばれ、トップ3には、上海汽車(上海自動車)、蘇寧電器、中信証券が入り、トップ10には、トップ3に続いて、万科、格力電器、山東黄金、利地産、民生銀行、美的電器、招商銀行が入った。

「上場企業100強」は、2009年に8691.16億元を実現して、中国全部の上場企業の80.03%を占めた。
中信証券、万科、冀中能源などの23社は、業界のトップになった。

「2009年度の上場企業金牛百強賞」は、これまでの評価体系を継承し、営業総収入、A株の時価総額、成長性と株主の4つの指標に基づいて総合的にに評価し、選定基準の一貫性を維持した。

金牛の百強の掲示の中で、中国石化は13450.52億元で営業総収入でチャンピオンになり、中国の石油は25293.5億元の時価総額でA株の時価総額の首位に位置して、徐工機械は資産のリストラを完成して3年で282.67%の収入と純利益の増幅で成長性の掲示に受け取って、山東黄金は26.16倍で株主への金メダルを受け取った。

百強会社は資本市場で全局面を左右する地位を持っている。
表示を統計して、金牛百強会社の2009年の収入は7.70兆元と全部上場企業の62.47%、時価総額は17.81兆元全部上場企業の61.25%、純利益は8691.16億元に達して、80.03%を占めた。

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.