on-the-time.jp

5月18日

国際善意デー(the World Goodwill Day)

1899年5月18日に、ロシア皇帝ニコライ2世(ニコライ・アレクサンドロヴィチ・ロマノフ/Никола́й II, Никола́й Алекса́ндрович Рома́нов/Nicholai II, Nicholai Aleksandrovich Romanov/1868 - 1918)の提唱によりオランダのハーグ(Hague)で第1回平和会議(first peace conference)が開催され、日本を含む26か国が参加し、「国際紛争平和的処理条約」や「陸戦の法規慣例に関する条約」等が結ばれたことを記念して制定された国際記念日。

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。

日本では1931年から「国際善意デー」が実施されているが、特に行事等は行われていない。

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。