5月15日

沖縄本土復帰記念日

1971年6月17日に宇宙中継によって東京とワシントンで「沖縄返還協定」が締結され、太平洋戦争後、米国に占領されていた沖縄が27年後の1972年5月15日午前0時に日本領に復帰し、「沖縄県」が誕生したことを祝って制定された記念日。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

1969年の日米首脳会談で、アメリカ大統領リチャード・ニクソン(Richard Milhous Nixon/1913 - 1994)が安保延長と引き換えに沖縄返還を約束した。
日本の佐藤栄作政権は1970年に予定される日本と米国の間で相互協力及び安全保障条約延長と共に本土復帰を緊急の外交課題としたが、本土復帰を訴えていた日本社会党や日本共産党は1970年安保延長反対を唱え、安保と同列の沖縄返還論に反発した。

1970年12月20日未明に沖縄本島中部のコザ市(現:沖縄市)で、米軍兵士が連続して起こした2件の交通事故を契機にコザ暴動が発生した。

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。