on-the-time.jp

2010年04月23日

砂漠でさえ、植物は地球温暖化の熱を感じていた。

NSF(National Science Foundation/全米科学財団)は、1982年から植物で適応型の「賭け言葉(bet-hedging)」を調査するためにツマモック・ヒルの近くにある砂漠研究所(Desert Laboratory on nearby Tumamoc Hill )で研究を始めているツーソンのアリゾナ大学(UA/University of Arizona in Tucson)のエコロジストであるラリー・ヴェナブル(ツーソンのアリゾナ大学(UA/University of Arizona in Tucson)ラリー・ヴェナブル(Larry Venable)による冬の降雨の後の影響を決定するためにソノラ砂漠で植物の発芽を研究を紹介し、地球温暖化は最新の話題になっているが、それはソノラ砂漠(Sonoran Desert)の越年草を研究する科学者にとっても心配になる要因を見つけたと報告している。

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。

砂漠冬が数年間より暖かく、より乾くようになっている間に、気候変動は、温度が後でより低いときにcurvenut combseed(Pectocarya recurvata)のような越年草植物を現れさせて、1年後の冬の降雨の到着を押したと報告している。

種子によって「賭け言葉(bet-hedging)」をにごし、それらが発芽を遅らせることができる順応的反応である。
発芽の遅れは、種子の生存に影響する不十分な降雨量、栄養物の不足、不適当な温度、または何かの逆の条件によっても引き起こされる場合があり、そして、それは植物が生存の機会を改良することを許容している。
発芽と生存に、環境が好ましくないなら、種子は長期間の間、休止状態のままでいることができる。

ラリー・ヴェナブルは、
「だれも、何が起こるかを確認するためにわざわざ本当の砂漠年次を研究していませんでした、そして、私はプラント・エコロジストとして、ここでの砂漠の中央で突然働いていて研究しました。」
「理論が繁殖成功の年々の変化について防護措置を講する植物を伴ったので、私は、いくつかの分野陰謀をセットアップして、それを測定することを考えました。」

ソノラ砂漠で冬の降雨の後、到着は1年後で越年草の発芽を押して、位置を支配する越年草のタイプに影響した。
研究者は、多様な種が冬のより低い温度でどれくらいよく成長するかを学ぶために、植物の葉で炭素と窒素を測定した。

ラリー・ヴェナブルの同僚で、UAのエコロジーと進化生物学(department of ecology and evolutionary biology)の調査員で、研究作者のサラ・キンボール(Sarah Kimball)は、
「私たちが'冷たさに適合(cold-adapted)'と呼んでいる種は、同位炭素で測定されるように高い生涯WUE(水利用効率/water-use efficiency)を持っています。」
「また、彼らには、葉に多量の窒素があります。」言った。
「高窒素は、瞬時に起こっているガス交換測定と共に植物が軽い集会容量に高い投資を持っていることを示します。」
「容量は低温の下で光合成するより大きい能力を示します。」と言い足した。

光合成する植物のより大きい性能は、日光からエネルギーを使用して、生存のために機会を改良して、それを食物に変換するより大きい能力に翻訳される。
ヴェナブルと彼の同僚は、より効率的な水の貯蔵がある植物が、より冷たい環境で広がっている種であることが判ったと報告している。

気候が変化すれば、当然気候に適応させて成長する植物は、その生存能力を適応させていたと言うことである。
当然のことだが、その当然を立証することが研究というのだろう。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

gaYa広告