gaYa広告

2010年04月23日

砂漠でさえ、植物は地球温暖化の熱を感じていた。

NSF(National Science Foundation/全米科学財団)は、1982年から植物で適応型の「賭け言葉(bet-hedging)」を調査するためにツマモック・ヒルの近くにある砂漠研究所(Desert Laboratory on nearby Tumamoc Hill )で研究を始めているツーソンのアリゾナ大学(UA/University of Arizona in Tucson)のエコロジストであるラリー・ヴェナブル(ツーソンのアリゾナ大学(UA/University of Arizona in Tucson)ラリー・ヴェナブル(Larry Venable)による冬の降雨の後の影響を決定するためにソノラ砂漠で植物の発芽を研究を紹介し、地球温暖化は最新の話題になっているが、それはソノラ砂漠(Sonoran Desert)の越年草を研究する科学者にとっても心配になる要因を見つけたと報告している。

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

砂漠冬が数年間より暖かく、より乾くようになっている間に、気候変動は、温度が後でより低いときにcurvenut combseed(Pectocarya recurvata)のような越年草植物を現れさせて、1年後の冬の降雨の到着を押したと報告している。

種子によって「賭け言葉(bet-hedging)」をにごし、それらが発芽を遅らせることができる順応的反応である。
発芽の遅れは、種子の生存に影響する不十分な降雨量、栄養物の不足、不適当な温度、または何かの逆の条件によっても引き起こされる場合があり、そして、それは植物が生存の機会を改良することを許容している。
発芽と生存に、環境が好ましくないなら、種子は長期間の間、休止状態のままでいることができる。

ラリー・ヴェナブルは、
「だれも、何が起こるかを確認するためにわざわざ本当の砂漠年次を研究していませんでした、そして、私はプラント・エコロジストとして、ここでの砂漠の中央で突然働いていて研究しました。」
「理論が繁殖成功の年々の変化について防護措置を講する植物を伴ったので、私は、いくつかの分野陰謀をセットアップして、それを測定することを考えました。」

ソノラ砂漠で冬の降雨の後、到着は1年後で越年草の発芽を押して、位置を支配する越年草のタイプに影響した。
研究者は、多様な種が冬のより低い温度でどれくらいよく成長するかを学ぶために、植物の葉で炭素と窒素を測定した。

ラリー・ヴェナブルの同僚で、UAのエコロジーと進化生物学(department of ecology and evolutionary biology)の調査員で、研究作者のサラ・キンボール(Sarah Kimball)は、
「私たちが'冷たさに適合(cold-adapted)'と呼んでいる種は、同位炭素で測定されるように高い生涯WUE(水利用効率/water-use efficiency)を持っています。」
「また、彼らには、葉に多量の窒素があります。」言った。
「高窒素は、瞬時に起こっているガス交換測定と共に植物が軽い集会容量に高い投資を持っていることを示します。」
「容量は低温の下で光合成するより大きい能力を示します。」と言い足した。

光合成する植物のより大きい性能は、日光からエネルギーを使用して、生存のために機会を改良して、それを食物に変換するより大きい能力に翻訳される。
ヴェナブルと彼の同僚は、より効率的な水の貯蔵がある植物が、より冷たい環境で広がっている種であることが判ったと報告している。

気候が変化すれば、当然気候に適応させて成長する植物は、その生存能力を適応させていたと言うことである。
当然のことだが、その当然を立証することが研究というのだろう。

【広告】 先日、オイルの全身パックをはじめて聞いたという方にお会いしました。実は、エジプトのファラオを埋葬するとき、バチカンで聖人を埋葬するときは、全身をオイルで清めます。また、ダビデ王が、はじめて宗教の王として任命されたときもオイルで清めています。それは、水では落とせない汚れを浮き出させて、きれいにしてから神になったのです。

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。

gaYa広告