on-the-time.jp

2010年04月23日

日本でiPhone以外のスマートフォンがほとんど売れていない!

Mac Observerはビジネスウィーク(BusinessWeek)からの情報として、日本のスマートフォン市場はAppleのiPhoneが大人気で、市場の72%を占めるほどに成長したと報告した。

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

日本へのiPhone出荷は2009年に倍以上に増え、そして、出荷が次の12カ月も300万ユニットを上回っていると予想されている。

iPhoneの成長は日本のスマートフォン市場が過去2年間で総合的な衰退したのと、反比例している。

このリードを保つためにスマートフォン競争は、日本で2010年に熱くなると予想され、日本はAppleが、より一生懸命に働かなければならないかもしれないことを意味していると分析している。

大和証券グループのアナリストであるカルヴァン・ホアン(Calvin Huang)は、
「昨年はただスマートフォン競争の始まりでした。Appleがそれほど上手に利用したことが理由です。」と言っている。

その他の日本のスマートフォン市場では、HTCが11%、東芝が6.8%であった。

ビジネスマンが持っていたBlackBerryが日本のスマートフォン市場で登場していない。

これではNTTドコモが苦しむのも理解できる。

【広告】 シャワーやお風呂で、石けんをつかって洗いすぎると、しばしばきつい化学薬品でいっぱいの抗菌の石けんなどで皮膚に炎症を起こしたり、繰り返し私達の皮膚のよいバクテリアを殺すことにより実際、私達の免疫は傷つけられることがあります。水では落ちない泥や垢などの汚れを「gaYa-3」でオイル・パックをして浮かし、シャワーで洗い流すことで、清潔にできます。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。