AD SPACE

2010-04-23

日本でiPhone以外のスマートフォンがほとんど売れていない!

Mac Observerはビジネスウィーク(BusinessWeek)からの情報として、日本のスマートフォン市場はAppleのiPhoneが大人気で、市場の72%を占めるほどに成長したと報告した。

[AD] You can advertise on this site.

日本へのiPhone出荷は2009年に倍以上に増え、そして、出荷が次の12カ月も300万ユニットを上回っていると予想されている。

iPhoneの成長は日本のスマートフォン市場が過去2年間で総合的な衰退したのと、反比例している。

このリードを保つためにスマートフォン競争は、日本で2010年に熱くなると予想され、日本はAppleが、より一生懸命に働かなければならないかもしれないことを意味していると分析している。

大和証券グループのアナリストであるカルヴァン・ホアン(Calvin Huang)は、
「昨年はただスマートフォン競争の始まりでした。Appleがそれほど上手に利用したことが理由です。」と言っている。

その他の日本のスマートフォン市場では、HTCが11%、東芝が6.8%であった。

ビジネスマンが持っていたBlackBerryが日本のスマートフォン市場で登場していない。

これではNTTドコモが苦しむのも理解できる。

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.