2010年04月23日

最悪の飲料アイディア・トップ10のトップは「New Coke」

米国の雑誌「TIME」は、「Top 10 Bad Beverage Ideas」を公開し、25年前に甘い考え?で、無鉄砲にもコカコーラにはNewコカコーラを導入したと報告した。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

そこで、飲料製品の歴史をひもとき、その中には誰も気が付かないで消えていった悪い発想を紹介し、トップ10をランキングした。

そのトップが、Newコカコーラであった。
まさに、ヒットすれば億万長者の世界!
史上で最も大きいマーケティングの大失敗の1つ、頑強な抵抗者として法人の天才のありそうもないストロークであったと言っている。

1985年4月23日は、経営史で最も重要日の一つ、99歳のコカコーラがより新しくて、より甘いバージョンのために「Newコカコーラ」を発表した。

ジョン・ペンバートン(John Pemberton/1830 - 1888)は、1886年に最初の炭酸飲料をでっち上げた。

雑誌「TIME」の最悪の飲料アイディア・トップ10
1. New Coke
2. Vio
3. Coors Rocky Mountain Sparkling Water
4. Thanksgiving Dinner Soda
5. Life Savers Soda
6. Tru Blood
7. Maxwell Ready-to-Drink Coffee
8. OK Soda
9. Cocaine
10. Orbitz

なんと9位に、コカインという飲料まで登場していた。

雑誌「TIME」では、あなたならどのような順番にするか考えて投稿するように誘っている。

むかし、日本にコカコーラが浸透し始めた頃、クコの実からできた健康にも良い「クココーラ」というのがあった。
飲んでみたこともあるが、逃げ出したくなった。

【広告】 あなたがシャワーを使うときに犯している誤り!健康的で、清潔と考えて、そのシャワーを使うときの誤りで、あなたは発疹と乾燥肌を起こすかもしれない。美容と医学の科学専門家アマディン・イスナール(Amadine Isnard)は、熱いお湯がオイルを剥ぎ取ると教えた。例えば、汚い皿を洗うために私達が熱いお湯を使用する理由であると言っている。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。