gaYa広告

2010年04月23日

最悪の飲料アイディア・トップ10のトップは「New Coke」

米国の雑誌「TIME」は、「Top 10 Bad Beverage Ideas」を公開し、25年前に甘い考え?で、無鉄砲にもコカコーラにはNewコカコーラを導入したと報告した。

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。

そこで、飲料製品の歴史をひもとき、その中には誰も気が付かないで消えていった悪い発想を紹介し、トップ10をランキングした。

そのトップが、Newコカコーラであった。
まさに、ヒットすれば億万長者の世界!
史上で最も大きいマーケティングの大失敗の1つ、頑強な抵抗者として法人の天才のありそうもないストロークであったと言っている。

1985年4月23日は、経営史で最も重要日の一つ、99歳のコカコーラがより新しくて、より甘いバージョンのために「Newコカコーラ」を発表した。

ジョン・ペンバートン(John Pemberton/1830 - 1888)は、1886年に最初の炭酸飲料をでっち上げた。

雑誌「TIME」の最悪の飲料アイディア・トップ10
1. New Coke
2. Vio
3. Coors Rocky Mountain Sparkling Water
4. Thanksgiving Dinner Soda
5. Life Savers Soda
6. Tru Blood
7. Maxwell Ready-to-Drink Coffee
8. OK Soda
9. Cocaine
10. Orbitz

なんと9位に、コカインという飲料まで登場していた。

雑誌「TIME」では、あなたならどのような順番にするか考えて投稿するように誘っている。

むかし、日本にコカコーラが浸透し始めた頃、クコの実からできた健康にも良い「クココーラ」というのがあった。
飲んでみたこともあるが、逃げ出したくなった。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 研究を行ったイギリスのチームによると、眉の可動性が非常に高いことは、言葉を使わない意思疎通能力を人間にもたらしたとされる。 この能力は大規模な社会的ネットワークの構築に不可欠であり、こうした社会を築くことで、人間は協力関係を拡大し、生存確率を高めることができたのだという。 「眉の動きが制限されるボトックス(botox/しわ取り注射)療法を受けた人は、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下するということが示されている。」と説明した。 そういえば。最近多くの女優や歌手がボトックス療法を受け、顔が固まったようになっている。 しわは石鹸などで洗いすぎ、皮下脂肪を流し落としたことで深くなる。 毎日、石鹸で顔を洗う人は、しわが深くなる。 顔を石鹸ではなく、例えば「gaYa-3」で汚れを浮かして洗い落とせば、しわはそれほど増えない。 顔の表現で、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下すると女優としての能力が低下し、成り立たなくなる。