gaYa広告

2010年04月16日

携帯電話で登場した新しいApp「拡張現実不動産検索」

Ccellular-Newsは、AP通信からとしてこの耳新しい不思議な携帯電話向け検索エンジンを紹介してきた。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

携帯電話のカメラと不動産売り物を何10も覗いていくと、ある最高のエックス線のように不同さ使用料の適性検査不動産価格がは突然、目に見えるようになると報告している。

このAppは、GoogleのAndroid、AppleのiPhone3GSで利用できるようになっている。

携帯電話のカメラ、GPS、コンパス、および人の環境について、仮想のオーバレイを呼び出すインターネット機能を使用して、まるでジェット戦闘機コックピットで見つけるかもしれないヘッドアップ表示装置と同様なっていると報告している。

即座にいくつかの拡張現実感アプリケーションの有用性を認識でき、最も近いバス停か地下鉄の入口を探すなじみのない近所にいると、拡張現実感は、正しい方向を指示して、目的地への相対的な距離を示すことができる。

しかし、売り物の家か使用料を見つけるためのツールとして、拡張現実感はモバイル不動産検索の改良版より目新しく感じられる結果を生みだしていると報告した。

1つの理由は、長年使用されてきた不動産検索のようなアプリケーションには、技術がまだ比較的新しいということであると言っている。

不動産業の新しい、とんでもない検索エンジンをどこの不動産屋が最初に使うか!?

不動産業業界は、どんどん変化している。
面白い!
でも、おっかない!

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

この記事に関連する日付

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

gaYa広告