2010-04-16

ソニーエリクソンが利益にテークバック。

Cellular-Newsは、ソニーエリクソンが1年前euro2億9,300万(US$3億9800万)の赤字であったのに比較され、2010年第1四半期にeuro2,100万(US$2850万)の純収入を報告し、利益を上げ始めたと報告した。
これは、携帯電話販売で収入が急落しにもかかわらず、企業再構築コストを除いた結果であった。

[AD] You can advertise on this site.

2010年第1四半期にeuro14億(US$19億)の収入で、1年前のeuro17億4,000万(US$23億6.000万)の携帯電話を比べ、出荷物は1年前に1450万から1050万に28%落ちた。

年末の大失敗から、携帯電話出荷ではまだ立ち直っていないが、黒字路線に戻すために、ソニーエリクソンは戦っている。

四半期のユニットベースのシェアは連続して減少して、今、約4%になるように予測されている。

ソニーエリクソンは、2010年にグローバルな携帯電話市場でユニットにおけるわずかな成長の予測を維持した。

ただし、現在はソニーエリクソンにもチャンスは残っている。
なぜなら、携帯電話メーカーは、これまでの携帯電話ビジネスモデルをすべてひっくり返し、スマートフォンへと大きくシフトを強要され、市場はスタートラインに再度並んだ状態である。

このチャンスを逃がすと、取り返しが付かなくなる。

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.