2010年04月16日

トヨタ、さらに米国で60万台リコールを発表!

イギリスのBBC Newsは、一連のリコールとは別途、トヨタが米国で損害賠償に直面し、腐食によるミニバンSiennaを60万台リコールにすると発表したと報告した。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

トヨタは安全対策問題でレクサスGX460(Lexus GX 460)の生産を止めた1日後に、この発表があったと言っている。

最新のリコールはスペアタイヤ・キャリヤーが腐食する1998年から2010年の間に作られたSiennasが対象になる。

トヨタの発表によれば、ミニバンSiennaが「最悪の場合、キャリヤー・ケーブルが破損し、スペアタイヤが車から切り離される。」と言った。

その問題を解決するために努力していたと言った。

米国雑誌「コンシューマー・レポーツ(Consumer Reports)」が「安全性リスク」のテストを実施し、車の取り扱いについて、「車両が横滑りし、横転事故につながる可能性がある」との走行テスト結果を発表し、消費者に「GX460を購入すべきでない」と勧めた記事を掲載した後、トヨタは火曜日に世界中のレクサスGX460SUVの販売を止めた。

また、トヨタは、Land Cruiser、Land Cruiser Prado、Rav4を含んだ他のSUVモデルのすべてをテストすると言った。

Siennaリコールに関してトヨタは、道路用塩への長期被曝がスペアタイヤ・ケーブルの過度の腐食をもたらすかもしれなくて、それらはディーラーによって点検されるべきであると言った。

トヨタは、2008年に世界最大の自動車メーカーとしてGM(General Motors/ゼネラル・モーターズ)に追いき、以来、品質管理の問題が急速拡大している。

トヨタの幹部は、米国議会で猛然と批判され、ぼろ服を着た会社と悪評を高めていた。

トヨタは、2009年後半以来ブレーキとアクセル欠陥によって800万台以上の車をリコールし、損害賠償で車が不完全であったというクレームにリンクした負傷事故か死亡事故で97件の訴訟に直面していると報告した。

トヨタが信用を無くしながら、あり地獄に落ちていく!

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 シャワーやお風呂で、石けんをつかって洗いすぎると、しばしばきつい化学薬品でいっぱいの抗菌の石けんなどで皮膚に炎症を起こしたり、繰り返し私達の皮膚のよいバクテリアを殺すことにより実際、私達の免疫は傷つけられることがあります。水では落ちない泥や垢などの汚れを「gaYa-3」でオイル・パックをして浮かし、シャワーで洗い流すことで、清潔にできます。

gaYa広告