on-the-time.jp

2010年04月15日

携帯電話会社は、顧客の動きを評価するために新しい測定基準が必要。

Cellular-Newsは、Pyramid Researchからの最新の報告によると、モバイルの顧客維持が、発展するエマージング・マーケットに主要な焦点のままで残っていて、事業者は主要なセグメントの流れの中で顧客の動きの値を評価するべき時期に来ていると報告した。

【広告】 シャワーのときに、石けんで洗う必要がない。チェビー・チェイスの女性のための消化剤センターの創立者ロビーネ・チュツカン医学博士は、毎日シャワーと石けんで汚れをこすり落とすことによって、私達は、良いバクテリアを皮膚からはいでいるといっている。汗まみれの運動の後でさえ、「gaYa-3」でオイル・パックをして、洗い流すことによって、水では落ちない泥や垢などの汚れを清潔にできます。

Pyramid Researchの全体のアナリストデアルジャン・テン・シトホフ(Jan ten Sythoff)は、
「解約率はワイヤレス業界で重要な成績指標です。 」
「マルチSIM所有権の高発生率や自由なSIMと放送時間の支給などの変化する市場力学を考えて、何人かの事業者が、値が近年下がったと言っている。」
「例えば、アフリカとアジアなどの多くで展開している前払いの市場の解約率の主な傾向は、新規参入者の到着で支配的に上向きであって、やる気満々です。」
「他国では、対照的に、円熟、競争力がある安定性を売り出してください。そうすれば、改良された購読経営者側は解約率を降ろしています。」

「顧客の動きが、関連していたままで残り続けるのに、組織の中で優先順位をつけ直されることが必要です、そして、全体でインディケータとしてそれを捨てるべきではありません。」
「競争の激しいレベルは、優先権が下げられるべきですが、これが市場を熟して、合併されるように、一時的な状況傾向があることを意味します。」
「特に高い補助金が顧客を取得するために伴われるとき、サービスの評価と同じくらい良い高バリューセグメントを追跡して、オペレータのためのオプションに値を付けるとき、そのうえ、顧客の動きは購読の総合的な生涯価値に関する主要パラメータのままで残っています。」
と説明している。

つまり、市場が変化しているにもかかわらず、市場調査方法が旧来のままでは、市場調査の意味が保てなくなる。

【広告】 九州のお医者様の奥様が、偶然使われ、凄く良いので九州まで送って欲しいと言われ、早速対応させていただきました。 これはどこで買えるの?と聞かれてしまいました。お店は銀座三越4階「アトリエロングハウス」TEL: 03-3562-7012で購入いただけます。よろしくお願いします。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。

この記事に関連する外部のサイト