2010-04-15

携帯電話会社は、顧客の動きを評価するために新しい測定基準が必要。

Cellular-Newsは、Pyramid Researchからの最新の報告によると、モバイルの顧客維持が、発展するエマージング・マーケットに主要な焦点のままで残っていて、事業者は主要なセグメントの流れの中で顧客の動きの値を評価するべき時期に来ていると報告した。

[AD] You can advertise on this site.

Pyramid Researchの全体のアナリストデアルジャン・テン・シトホフ(Jan ten Sythoff)は、
「解約率はワイヤレス業界で重要な成績指標です。 」
「マルチSIM所有権の高発生率や自由なSIMと放送時間の支給などの変化する市場力学を考えて、何人かの事業者が、値が近年下がったと言っている。」
「例えば、アフリカとアジアなどの多くで展開している前払いの市場の解約率の主な傾向は、新規参入者の到着で支配的に上向きであって、やる気満々です。」
「他国では、対照的に、円熟、競争力がある安定性を売り出してください。そうすれば、改良された購読経営者側は解約率を降ろしています。」

「顧客の動きが、関連していたままで残り続けるのに、組織の中で優先順位をつけ直されることが必要です、そして、全体でインディケータとしてそれを捨てるべきではありません。」
「競争の激しいレベルは、優先権が下げられるべきですが、これが市場を熟して、合併されるように、一時的な状況傾向があることを意味します。」
「特に高い補助金が顧客を取得するために伴われるとき、サービスの評価と同じくらい良い高バリューセグメントを追跡して、オペレータのためのオプションに値を付けるとき、そのうえ、顧客の動きは購読の総合的な生涯価値に関する主要パラメータのままで残っています。」
と説明している。

つまり、市場が変化しているにもかかわらず、市場調査方法が旧来のままでは、市場調査の意味が保てなくなる。

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.