gaYa広告

2010年04月12日

地球科学に関する革新的なNASA-JAXAパートナーシップ。

NASAは、米国のNASA(national space agencies)と日本のJAXA(Japan Aerospace Exploration Agency/宇宙航空研究開発機構)が月曜日に重要な球観察資料を増加させる衛星リソースの結合を開始したと報告した。

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。

このパートナーシップにより、地震危険、森林衰退について調査するのに使用され、データ量は倍以上に増加すると予測している。

日本のJAXAは、NASAのTDRSS(Tracking and Data Relay Satellite System/データ中継衛星システム)を使用して、JAXAのALOS(Advanced Land Observing Satellite/だいち)の北米と南米の観測データをダウンロードできるようになる。

これにより、NASAとJAXAデータ中継衛星リソースを合併することになり、北米と南米の観測データは倍増することになる。

これまで、「だいち」からのデータの多くは、JAXAのデータ中継技術衛星DRTS(こだま)を経由して地球観測センターで受信していたが、今後は、「こだま」に加えTDRSSを利用することにより、より高頻度の観測(データ量として約2割の増加、北・南米地域に限定すれば約2倍に増加)を実現させることができるようになった。なお、TDRSS経由で受信されたALOSデータのユーザーへの配布も同日付で開始されたと報告した。

また、新たな運用を開始するにあたり、「GEO(地球観測に関する政府間会合)」が目指す「GEOSS(Global Earth Observation System of Systems/複数システムからなる全球地球観測システム)」構築の一助となることを報告するため、GEO事務局長あてのレター署名式を4月12日に行ったと報告した。

ただし、これでは一方的に日本のJAXAが取得した北米と南米の観測データを自由に使えるようにしたのであって、本来のGive and Takeの原則からすれば、NASAが取得したアジアのデータを同様に利用できるようにすべきと言える。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。