2010年04月12日

地球科学に関する革新的なNASA-JAXAパートナーシップ。

NASAは、米国のNASA(national space agencies)と日本のJAXA(Japan Aerospace Exploration Agency/宇宙航空研究開発機構)が月曜日に重要な球観察資料を増加させる衛星リソースの結合を開始したと報告した。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

このパートナーシップにより、地震危険、森林衰退について調査するのに使用され、データ量は倍以上に増加すると予測している。

日本のJAXAは、NASAのTDRSS(Tracking and Data Relay Satellite System/データ中継衛星システム)を使用して、JAXAのALOS(Advanced Land Observing Satellite/だいち)の北米と南米の観測データをダウンロードできるようになる。

これにより、NASAとJAXAデータ中継衛星リソースを合併することになり、北米と南米の観測データは倍増することになる。

これまで、「だいち」からのデータの多くは、JAXAのデータ中継技術衛星DRTS(こだま)を経由して地球観測センターで受信していたが、今後は、「こだま」に加えTDRSSを利用することにより、より高頻度の観測(データ量として約2割の増加、北・南米地域に限定すれば約2倍に増加)を実現させることができるようになった。なお、TDRSS経由で受信されたALOSデータのユーザーへの配布も同日付で開始されたと報告した。

また、新たな運用を開始するにあたり、「GEO(地球観測に関する政府間会合)」が目指す「GEOSS(Global Earth Observation System of Systems/複数システムからなる全球地球観測システム)」構築の一助となることを報告するため、GEO事務局長あてのレター署名式を4月12日に行ったと報告した。

ただし、これでは一方的に日本のJAXAが取得した北米と南米の観測データを自由に使えるようにしたのであって、本来のGive and Takeの原則からすれば、NASAが取得したアジアのデータを同様に利用できるようにすべきと言える。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 研究を行ったイギリスのチームによると、眉の可動性が非常に高いことは、言葉を使わない意思疎通能力を人間にもたらしたとされる。 この能力は大規模な社会的ネットワークの構築に不可欠であり、こうした社会を築くことで、人間は協力関係を拡大し、生存確率を高めることができたのだという。 「眉の動きが制限されるボトックス(botox/しわ取り注射)療法を受けた人は、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下するということが示されている。」と説明した。 そういえば。最近多くの女優や歌手がボトックス療法を受け、顔が固まったようになっている。 しわは石鹸などで洗いすぎ、皮下脂肪を流し落としたことで深くなる。 毎日、石鹸で顔を洗う人は、しわが深くなる。 顔を石鹸ではなく、例えば「gaYa-3」で汚れを浮かして洗い落とせば、しわはそれほど増えない。 顔の表現で、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下すると女優としての能力が低下し、成り立たなくなる。