gaYa広告

2010年04月12日

Apple嫌い向け、iPadのライバルがドイツから登場!

Cellular-Newsは、ドイツのNeofonie GmbHが「WePad」と呼ばれる新しいタブレット型パソコンをセットし、ApplのiPadに匹敵すると言ったと報告した。

【広告】 春夏秋冬、肌は油断大敵です。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

タッチスクリーンの「WePad」は、大きいスクリーンにさらにウェブカメラとUSBポートを採用している。

Neofonie GmbHの創設者ヘルムート・ホッファー・フォン・アンカースホ−フェン(Helmut Hoffer von Ankershoffen)は月曜日にベルリンで、タッチスクリーンWePadは「iPad殺人者」ではないが、より大きいライバルになると言っている。

ヘルムート・ホッファー・フォン・アンカースホ−フェンは風通しの良さを強調し、2つのUSB-ポートで、ユーザーは外部のキーボードからデータ・スティックですべての種類のデバイスをWePadに接続できると言っている。

「WePad」の基本的なバージョンは、Wi-Fi版で16GBのストレージがeuro449(US$600)で、iPadより高い。
その他にも3Gモデムを搭載し、より大きな32GBのバージョンはeuro569で発売される。

「WePad」は、Intelチップを採用し、GoogleのAndroidと互換性があるリナックスソフトウェアを基礎として、Flashアプリケーションを採用している。
店頭に並ぶのは2010年7月になると言っている。

Neofonie GmbHは約180人が働く会社で、既に事前予約で20,000人が申し込んだと言っている。
ただし、事前予約の開始は4月27日からになる。

名前からして、「iPad」と「WePad」と、何となく、支離滅裂のようにも感じる。
「von」まで付いた元貴族の思いつき?

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。

この記事に関連する外部のサイト