on-the-time.jp

2010年04月06日

「でぶ」遺伝子との戦い方!

Arizona Republicは、深刻になっている米国の「でぶ(fatso)」問題で、新しいヨーロッパの研究によるとティーンエイジャーが「でぶ」というあだ名がある一般的な肥満関連の遺伝子(obesity-related gene)の効果を打つために、1日に1時間激しい運動をすることで解消できるかもしれないと報告した。

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。

スウェーデンのカロリンスカ研究所(Karolinska Institute in Sweden)が2010年04月05日月曜に発表したトップ記事「Activities such as playing sports are just fine and enough.」の著者ジョナサン・ルイス(Jonatan Ruiz)は「それなりにアクティブにしてください」と言っている。
「スポーツなどなどの活動で十分です。」と言っている。

みんな判っているが、それができないのが問題だったのですが---

ジョナサン・ルイス研究は、毎日1時間以上の身体的活動を得るように子供とティーンエイジャーに言う米国のガイドラインを支持して、それの大部分は走行、ジャンプ、ロープ、水泳、ダンス、サイクリングなどの有酸素活動であると言っている。

結局それしか対処法はなかった。

【広告】 シャワーのときに、石けんで洗う必要がない。チェビー・チェイスの女性のための消化剤センターの創立者ロビーネ・チュツカン医学博士は、毎日シャワーと石けんで汚れをこすり落とすことによって、私達は、良いバクテリアを皮膚からはいでいるといっている。汗まみれの運動の後でさえ、「gaYa-3」でオイル・パックをして、洗い流すことによって、水では落ちない泥や垢などの汚れを清潔にできます。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。

gaYa広告