on-the-time.jp

2010年04月06日

中国のサイバー雲に隠れた陰の部隊は、インドのダライ・ラマを狙った!

ロイターは2010年04月07日にカナダ人の研究者が2010年04月06日火曜日に発表した情報からとして、中国南西部に拠点を置くサイバースパイ活動グループがインドの国防省からドキュメントを盗み、ダライ・ラマの事務所からメールを配信していると報告した。

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。

中国のサイバー・スパイ・グループはもの凄く一般的なTwitter、Google Groups、およびYahooメールを含んで、中国でコマンドと制御サーバーとコミュニケートするようそれらに指示して、コンピュータをハックしている。

レポート「Shadows in the Clouds(雲に隠れた陰)」では、スパイ組織ネットワークが接続と共に個人によって中国の犯罪の闇世界におそらく経営されていると書いている。

さらに、それらの情報が中国政府のブランチを通過させたかもしれないと言い足している。

レポートの作者で、トロント大学(University of Toronto)のMunk School of Global Affairsのナート・ビルヌーブ(Nart Villeneuve)は、
「私たちはこれらの攻撃で、中国政府が関係している確実な証拠も見つけることができませんでした。」と言っている。

1年前に、同じ研究者は、チベットの亡命政権を「GhostNet」と呼び、系統的なサイバー浸透について説明した。

研究者によって集められたデータは、1つのグループにおける機密保護違反が、サイバー探査の究極の起源を区別することを困難にすることで、別の機構らの秘密情報の窃盗を可能にできるのを示した。

研究者によって回収された盗まれたドキュメントは、インドの国家安全保障会議事務局から取られた極秘データを含んでいた。

それらの情報は、毛沢東主義者による暴動と同様に、チベット、バングラデシュ、およびミャンマーに接しながら、北東の州に治安状況の秘密の査定を含んでいたと報告している。

確実にサイバー戦争は勃発し、戦闘状態に入っている。
米国は、リアル戦争でイラクとアフガニスタンで無駄なお金を使っているが、サイバー戦争では完全に負けている。

なにしろ、世界の携帯電話とパソコンの90%以上が中国か台湾で作られている。
創造できないほどの技術も持っている。
さらに、米国人より確実に器用である。
また、彼らは絶対の国内で捕まらない。
それどころか、国内のエリートである。

そして、その技術は米国から盗んだ。

【広告】 春夏秋冬、肌は油断大敵です。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

【広告】 シャワーやお風呂で、石けんをつかって洗いすぎると、しばしばきつい化学薬品でいっぱいの抗菌の石けんなどで皮膚に炎症を起こしたり、繰り返し私達の皮膚のよいバクテリアを殺すことにより実際、私達の免疫は傷つけられることがあります。水では落ちない泥や垢などの汚れを「gaYa-3」でオイル・パックをして浮かし、シャワーで洗い流すことで、清潔にできます。