2010年04月06日

「iPad」の現在と未来。

Mac Observer Expressは、テッド・ランダウ(Ted Landau)のコラム「The Present and Future of the iPad」を公開した。

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

発売されて2日目に、もうこんなコラムを書くから、テッド・ランダウの本がiTunesで販売禁止になる。
つまり、先走りである。
なにしろテッド・ランダウは、iPadに惚れ込んでいる。

テッド・ランダウは、「Padは私が予期したよりさらに良い。」と言っている。

以前、iPadが「まさしく大きいiPod touch」と書いたが、まったく間違っていた。
iPadがはるかにiPod touchよりデスクトップ・コンピュータの近くにあると判ったと報告している。

今回、iPadを初めて触ったときに感触で思い出すのは、最初のマッキントッシュに触ったときに似ていると言っている。
つまり、それまでの宇宙とは違う別の宇宙に降り立った気分だと言っている。

ただし、「iPadでiPhoneアプリケーションを捨てないでください。」と言っている。
つまり、これまでのiPhoneアプリケーションが十分に活用できると言っている。
しかし、Apple残れまでの作戦通り、いつがすべてiPadに最適化されていくと言うことだろう。

長々とテッド・ランダウは、解説しているが、それは惚れた弱み!
ポルノ・スターに取材したときより興奮している。

結論として、想像通り、iPadの未来に潜むいくつかの危険があると言っている。
不注意に、iPadがパーソナルコンピュータの連続的な進化で次のステップを表すと信じている。
それは、コンピュータと考えないほど簡単に、そして直観的に動作する装置になっている。
それが、ただiPadです。
そして、それは良いです。と締めくくっている。

最後まで読んで、この人は、ただ惚れただけの亡者の戯言に聞こえてきた。

何も未来への展望がなかった。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

この記事に関連する日付

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。