2010年04月06日

モバイル機器の入力に皮膚を使う技術を開発。

Cellular-Newsは、カーネギーメロン大学(Carnegie Mellon University)の学生が簡単なバイオ音センサーと高度な機械の学習能力の組み合わせで、人々がスマートフォンか他のモバイル機器を制御するのに、タッチパッドとして彼らの指か前腕ばど、潜在的に彼らの身体のどんな部分もを使用可能にしたと報告した。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

この技術はーネギーメロン大学のHCII(Human-Computer Interaction Institute)で博士課程3年目のクリス・ハリソン(Chris Harrison)とMicrosoft Researchのディズニー・タン(Desney Tan)とダン・モリス(Dan Morris)によって開発された「Skinput」と呼ばれる技術で、ハリソンは2010年4月12日月曜日にジョージア州アトランタで開催される「CHI 2010, the Association for Computing Machinery's annual Conference on Human Factors in Computing Systems」で発表することになっている。

しかし、これに似たポインティング・デバイス技術はこれまでにも多く発表されてきている。

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。