on-the-time.jp

2010年04月06日

ユーザーの要求は、Androidのタブレット市場攻撃!

Cellular-NewsはIMS Researchからの情報として、アンチAppleユーザーが数百万を2010年に出荷すると予測したAppleの好調なiPadの先行予約市場から予想された利得で、かなり重要な貢献によって、大きなうねりになり始めていると報告した。

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。

しかし、GoogleのAndroidオペレーティングシステムに基づくこれらの正当な分け前でとして、多くの他の供給者が、今年タブレット製品を発表する。

IMS Researchは、タブレットが2010年に出荷される約24%がAndroidに基づくと予測している。

IMS Researchのレポート作者で主席アナリストのアンナ・ハント(Anna Hunt)は、
「タブレット供給者がテーブルにもたらすユーザー・インタフェースとコンテンツは、おそらく購買決定にハードウェア要件と同じくらい影響を及ぼすでしょう。」
「供給者はコンテンツ、そして、サービスの重要性がわかっています。そして、多くが完全なユーザー・エクスペリエンスを提供して、Appleの提供と競争できるようにAndroid生態系は変わっています。」
「また、AndroidとAppleOSに加えて、IMS Researchによって予測されたマイクロソフトのWindows7が2010年に10%の出荷するときに、シェアを前方へ育てると予想された、タブレット市場の正当な分け前を要求するでしょう。」と言っている。

さらに、「iPhoneOSプラットホームは、明確にiPadプラットホームに設計されたアプリケーションの多くが実際にアプリケーションより高価で、今は、iTunes Appストアを打ち始めています。」
「これは総合的なタブレットソリューションを提供できる供給者の機会で、価格競争力が起こる状態荷なります。」と言い足した。
「私たちは、次のカップルの上で、何年もワープロソフトを動かすことができないかもしれないさまざまなタブレットモデルを予想できますが、US$200未満でさまざまなウェブベースとマルチメディアアプリケーションをエンド・ユーザに提供するつもりです。」
IMS Researchは、タブレットの半分以上が購入者を引き付けて、購読収入を増強するために設備補助金を2012年からモバイルを通して分配され、前払いでますます競争力があるサービス計画を提供するキャリヤーに修理されて販売されると予測します。」と言っている。

これは、AppleがiPadを発表したことにより、スマートフォン市場を混乱させ始めたとも言える。
GoogleのAndroidは、まだ完全に市場になじんでいないときに、、AppleがiPadを発表したことで、スマートフォン市場からの恩恵を受ける前に、タブレット市場への攻撃をユーザーが要求しはじめてしまったと言うことで、混乱している状況とも言える。

このようなことが数回続くと、GoogleのAndroid開発者市場は、利益を得ないまま資金が消えていくというとんでもない現象が起こる可能性も出てきている。

これは、新しい市場での悲劇になる可能性も出てきた。
その典型が、GoogleのAndroid、Palm、マイクロソフトのWindows7の開発会社になり、Appleだけが独走する可能性が出てきた。
それを打開する方法は、さらにスピードを上げて、Apple社を追い抜く以外にないだろう。

その悲劇の主人公は、どの会社になるか?

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

この記事に関連する外部のサイト