10-10

秋の高山祭り

「八幡祭」とも呼ばれ、桜山八幡宮の仁徳天皇65年に、2面4手4足の両面宿儺(りょうめんすくな)という怪人を難波根子武振熊(なにはねこたけふるくま)に命じて征伐させた際、戦勝祈願して祀られたと伝えられる桜山八幡宮の例祭で、祭神は戦さの神、応神天皇である。

「八幡宮」は別表社に列せられ、高山市の宮川以東の北半分の氏神となり、境内には、屋台を常時陳列する高山屋台会館がある。
10月7日は試楽祭、屋台曳行順の抽選祭で、10月9日が本楽祭で、社殿で献饌、奉幣のあと浦安舞、大太神楽を奉納する。
11台の屋台は、神社正面の記念道路に曳き揃えられ、夜にはいって提灯にあかりを入れて、所定の道順で曳き別れを行う。
10月10日は、朝から御神幸祭ののち、御分霊を鳳輦(ほうれん)に奉還して氏子の巡幸に移る。
巡幸は、榊、獅子、闘鶏楽、大太神楽、雅楽、1文字笠の裃姿の警固数百人の行列につづく、台名旗を立てた代車など、時代絵巻を思わせる行列になる。

屋台は、朝から神社境内と記念道路に曳き揃えられ、布袋台のからくり人形の妙技に観衆をうならせる。
屋台は夕刻まで並べられ、氏子巡幸を終えた行列は、還御祭のあと年行司により引払式を行う。

また、春には「春の高山祭り」が行われる。

Related Dates