2010-03-30

米国のモバイル端末データ通信量は2015年に1カ月あたりの327ペタ・バイトと予測。

未来

Cellular-Newsは、Coda Research ConsultancyはCAGR(compound annual growth rate/年間成長率)+117%で上昇し、米国のモバイル端末データ通信量は2015年に1カ月あたりの327PB(petabytesペタ・バイト)に達し、モバイル・インターネット・アクセスのためのtiered価格設定は避けられなくなると予測した。

[AD] You can advertise on this site.

この成長のコアに、モバイル・ビデオがある。
モバイル・ビデオは、CAGR138%で上昇し、2015年に1カ月あたりの224PBに達することになり、モバイル端末データ通信量の2/3を形成することになると分析している。

Coda Research Consultancyの共同創立者スティーブ・スミス(Steve Smith)は、
「通信事業者はこの量に対処できるか?」
「ピーク容量は、一般に容量よりむしろ本題になる。」
これはサンフランシスコ、ボストン、ニューヨーク、フェニックスなど高密度の街で特に問題が多い。
通信事業者ネットワークが現在のままのとき、ネットワーク利用は、2012年にピーク回の間、100%に達する。
「これは、スマートフォン浸透が40%に達する時です。」と言っている。
スマートフォン浸透が40%に達するのは、予想外に早いかもしれない。

「均一料金価格設定は、モバイル・インターネット採用を追い立てるのを助けたが、スマートフォン浸透が上って、通信事業者が4Gを押して伸ばすとき、通信事業者がtiered価格設定に近づかなければならないことが考えられる。」

これは、通信事業者がネットワーク用法を管理するのを助けるだけではなくて、彼らが、減退する音声の収入に失われた利益を上げて、4Gサービスの代価を払うのを助けることになる。

しかし、通信事業者は、特にそれらの支払いができるだけ簡単であって欲しいので、メディアに均一料金に慣れている公衆にサービスに値を付けしながらtieredされた販売の重要な難局に直面する。

通信事業者は、データ用法を予測することが難しいと判ったと報告している。

[単位の表現]
a(アト)=atto=指(シ)=10のマイナス18乗
f(フェムト)=femto=須(シュユ)=10のマイナス15乗
p(ピコ)=pico=漠(バク)=10のマイナス12乗
n(ナノ)=nani=塵(ジン)=10のマイナス9乗
μ(マイクロ)=micro=微(ビ)=10のマイナス6乗
m(ミリ)=milli=毛(モウ)=10のマイナス3乗
c(センチ)=centi=厘(リン)=10のマイナス2乗
d(デシ)=deci=分(ブ)=10のマイナス1乗
da(デカ)=deca=十(ジュウ)=10の1乗
h(ヘクト)=hecto=百(ヒャク)=10の2乗
k(キロ)=kilo=千(セン)=10の3乗(2の10乗)
M(メガ)=maga=百万(ヒャクマン)=10の6乗(2の20乗)
G(ギガ)=giga=10億(ジュッオク)=10の9乗(2の30乗)
T(テラ)=tera=兆(チョウ)=10の12乗(2の40乗)
P(ペタ)=peta=千兆(センチョウ)=10の15乗(2の50乗)
E(エクサ)=exa=百京(ヒャクケイ)=10の18乗(2の60乗)
Z(ゼッタ)=zetta=10の21乗=1 000 000 000 000 000 000 000
Y(ヤッタ)=yatta=10の24乗=1 000 000 000 000 000 000 000 000

その他では、
* モバイル・ビデオ・ユーザーは、現在からCAGRで+34%の上昇になり、2015年には9500万に達する。
* モバイル端末を通してソーシャル・ネットワーキングにアクセスする人々が、現在から2015何まではCAGRで+21%の上昇になる。
* 非SMSデータ収入は、CAGRで+17%の上昇になり、2015年にすべてのデータ収入の87%を形成する。
と予測している。

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.