on-the-time.jp

2010-03-30

裸のモグラネズミのシークレット。

美容と医学の科学

NSF(National Science Foundation/全米科学財団)は、シカゴのイリノイ大学(University of Illinois at Chicago)の生物学者トーマス・パーク(Thomas Park)とその同僚が研究している裸のモグラネズミ(Naked Mole-Rats)の秘密について報告した。

[AD] You can advertise on this site.

トーマス・パークは博士課程であったミュンヘンで裸のモグラネズミに出会い、巨大な歯を持つ裸のモグラネズミに惚れてしまったと言っている。

シカゴで彼自身の研究室を始動した後に、彼は、実地見学旅行として学生を動物園に連れて行って、再び裸のモグラネズミを見て、
「私は、それらがすばらしいと思いました。そして、まさしくその場で、何人かを研究室に入れなければならないのを知っていた。」と言った。

トーマス・パークは、イリノイ大学で生命現象に関する諸科学の教授として、鳥がどう音を局部にとどめたかを研究し、コウモリに切り替え、脳細胞への音の効果を調べて科学面での経歴を始めた。しかし、裸のモグラネズミを発見した後に、それらのユニークな社会構造に心引かれるようになって、それらを研究すると決めたと言っている。

アフリカ裸モグラネズミ(African naked mole-rats)は、地下に生息していて、決して表に出てこない。
彼らは、小さく、出っ歯で、盲目である。

冷血である唯一の哺乳動物の裸モグラネズミは通常、地下の約6フィートで300匹のコロニーを作って生活している。

そこには狭いトンネルでつながり、彼らの空気供給は限られている。
彼らが吸う空気は非常に毒性があるので、いかなる他の哺乳動物も不可逆的な脳障害で死ぬか、または死に通じる。

彼等は1人の女性と数人の男性が活発に生殖をしている。
裸のモグラネズミには、最大3人の男性と結婚する1人の女王がいる。
他のもののだれもそこに参加できない。

「それらは非常に奇妙な動物です。」
「それらはこの奇妙な社会的なアレンジメントがある唯一の哺乳動物です。」と言っている。

トーマス・パークと彼の同僚でシカゴ大学の精神医学生理学の准教授ジョン・ラーソン(John Larson)は、裸のモグラネズミの脳がいかなる他の哺乳動物よりもはるかに長い期間酸素不足(酸欠として知られている状態)に耐えることができることを発見した。

また、彼らは、明確に酸の激しい痛み、レモン・ジュース、およびカプサイシンのように、トウガラシのスパイシーな成分に免疫があることが判った。

神経伝達物質、痛みの情報を伝えるSubstance Pを欠いていた。

不思議な動物は、まだまだ地球上に多く生息している。

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.

AD SPACE