on-the-time.jp

2010-03-30

「iPad」のためにBoingo WirelesはWi-Fi サービスを提供。

Cellular-Newsは、Wi-Fiローミング事業者Boingo Wirelessは、AppleのiPad所有者のためのWi-Fiサービスを提供する協定を保証したと言ッたと報告した。
また、AppleのiTunesのオンライン小売業務でWi-Fiアクセス・サービスを再販する。

[AD] You can advertise on this site.

Boingo Wirelessの社長兼CEOのデーヴ・ハーガン(Dave Hagan)は、
「iPadは新製品であるかもしれませんが、それは身近な必要性がある1です。」
「喫茶店、レストラン、ホテル、空港などで、超高速インターネット接続を可能にします。」
「ゲートでは、特にWi-Fiが唯一の接続選択であるユーザーの第一波のために、直接iPadユーザーが便利で手頃な代替手段かアドオンとしてBoingo Wi-Fiで3Gインターネット・アクセスにアクセスする能力を持つでしょう。」と言った。

すでに、Appleの米国Appストアから「Boingoワイファイクレジット(Boingo Wi-Fi Credits)」ソフトウェア・アプリケーションをダウンロードできるようになっている。

または、消費者はWi-FiがUS$1.99で購入でき、その時点、iTunesアカウントのログインを使用することで購買を確認して、接続できるようになる。
クレジットでは連続60分のWi-Fiアクセスができて、それは世界中にある12万5000以上のBoingoホットスポットのいずれでも使用できる。

Wi-Fiホットスポットを頻繁使用できるBoingo購読サービス「Boingo Mobile」では、グローバルなBoingoホットスポットへの無制限なアクセスを1カ月あたりUS$7.95で提供する。

もう、重い、大きいノートパソコンの時代は終わった。

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.