2010-03-30

モバイル・コンテンツとアプリケーションが中国でもの凄いブーム。

Cellular-Newsは、TNS Technologyが次の購入における唯一重要な選択要因について聞き取り調査レポートを紹介し、中国人消費者の32%がコンテンツとアプリケーションを選択し、間近で利用できる送受話器のブランドの41%に続いた。
ネットワーク・プロバイダ・ブランドは、たったの3%であったと報告した。

[AD] You can advertise on this site.

コンテンツとアプリケーションに選択基準を置いている割合は、ドイツで16%、米国で10%、日本で3%、高いのはマレーシアの35%で、中国はそれに続いて高かったと報告している。

さらに、コンテンツとアプリケーションが主要選択基準ではないと言っている人でも、21%は重要であると答えていた。

現在、いくつかの受話器メーカーから、あるものはプロバイダをネットワークでつないでいるが、ソーシャル・ネットワーキングと検索ブランドは消費者意識で最も際立ったモバイル・ブランドになっている。

中国で、China、Baidu、Kaixinのブランドは、まさに西洋のGoogleとFacebookに匹敵している。

TNS ResearchのInternational Chinaヘッドであるショーン・ワング(hawn Wang)は、
「これは、消費者がマルチメディアとソーシャル・ネットワーク・デバイスとして彼らの携帯電話を使用している基本的に変化するカテゴリの明確なサインです。」
「消費者は、むしろそれを作成して、共有して、コンテンツを集めるより、批評したがっています。」
「3Gネットワークの開始とコンテンツへの増強されたアクセス、モバイルを通したBaiduとKaixinのようなサービスブランドで、受話器メーカーとネットワーク内の提供者のパワーは挑戦されるかもしれません。」
「したがって、受話器メーカーとネットワーク内の提供者は、コンテンツやアプリケーション・プロバイダとパートナーを組んで、消費者の需要をより満たして、より無視できない消費者申し出を追い立てる必要があるかもしれません。」と言っている。

この情報は、日本国内では理解できない結果であったと言える。

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.