2010年03月30日

Vodacomが南アフリカで電子マネー「Mペサ(M-PESA)」を開始。

モバイル・マネー

Cellular-Newsは、南アフリカのVodacomがローカル金融グループのNedbankと提携して、モバイル・マネーとして「Mペサ(M-PESA)」を開始すると報告した。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

アフリカンでスマートフォン市場が成功するかどうかは、クレジットカードを持たない、銀行に口座を持たない人達のお金のやりとりをどのようにスマートフォンで管理するかと言うことが大きなテーマになっている。

Nedbankは、南アフリカ準備銀行(South African Reserve Bank)によって出されたすべての必要条件を満たすのを保証するために、イニシアチブとして金融当局と共に働いている。

Vodacom南アフリカの専務理事サメール・ジョーサブ(Shameel Joosub)は、
「Nedbankはこのベンチャーのための理想的な金融サービスパートナーです。」
「それを伝統的に都合することができない人への金融サービスと彼らの革新的なアプローチを提供する銀行業への折り紙付きの業績で、私たちは、それらが新しい面をプロジェクトにもたらすのを知っています。」
「NedbankとVodacomの両方が、'かき起こしている'南アフリカ共和国の住民の人生を変えるためにMペサが行く予定であると確信しています。そして、製品の差し迫っている発射を楽しみにしています。」と言っている。

そこには、これまでの金融機関が持ち続けてきた常識では解決できない新しい時代の金融機関革命が求められている。

それは同時に、発展途上国でのスマートフォン電子マネー方式になることだろう。

サメール・ジョーサブは、「Mペサ」が成功する新しい市場の記録になる。
Nedbankとボーダフォン(Vodafone)の支援と、および公衆の信用のパワーにより、「Mペサ」は南アフリカ共和国の住民が金を振り込んで、分担して、使う方法を変革するだろうといっている。

「Mペサ」のサービスはもともと、ボーダフォンとイギリスの政府部門DFID(Department for International Development)によって、Deepening Challenge Fundとして共同で資金を供給されたパイロットとして作成された。

最初にケニアのSafaricomがサービスを開始した。
ケニアにおいて携帯電話を利用した支払いサービス「M-PESA」のトライアルを2005年10月より開始している。

それ以来、サービスは1000万人以上の「Mペサ」の顧客と共に、ケニア、タンザニアとアフガニスタン市場で非常に成功しているマイクロ・ファイナンス・サービスである。

正規の M-PESA 取次店に登録してお金を預け、セキュリティのための手段を整えたうえで友人や家族にテキストメッセージを送り、指定の Safaricom 取次店へ行ってお金を受け取るように指示できる。受け取る側が Safaricom の顧客である必要はない。

また、例えば、バスで首都ナイロビへ向かうビジネスマンが、現金を持ったままバスに乗るのを避けるために出発前に口座に入金し、到着してから現金を受け取るということも可能になっている。

発展途上国の電子マネー市場は、まだ始まったばかりでが、今もっとも注目されている市場である。

Vodafone にとっての真のチャンスは国際取引にあり、移民労働者による家族への送金は総額2500億ドルにのぼることが、世界銀行の調べで明らかになっている。

M-PESA サービスの料金は「他の送金サービスに比べて非常に安く、大金ではない、少額を頻繁に送金できる価格設定になっている。

イギリスにはポーランドやリトアニアからの移民労働者が100万人以上もいることを考えると、Vodafone がすぐにこれらの市場へサービスを拡大する可能性は高いと言われていた。

【広告】 九州のお医者様の奥様が、偶然使われ、凄く良いので九州まで送って欲しいと言われ、早速対応させていただきました。 これはどこで買えるの?と聞かれてしまいました。お店は銀座三越4階「アトリエロングハウス」TEL: 03-3562-7012で購入いただけます。よろしくお願いします。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

gaYa広告