on-the-time.jp

2010-03-29

ロンドンの落書き戦争で損なわれたバンクシー・アートワーク。

[AD] You can advertise on this site.

それらのすべては最初に、2009年のクリスマスに始まった。

バンクセイ(Banksy)が、ロンドンのカムデンにあったキング・ロビン(King Robbo)のアートワークの上に、絵を描いた。

キング・ロビンと、その支持者は、カムデンのバンクセイの落書きを上に描くことによって仕返しして、イズリントン(Islington)でも同様のことが起こった。

薬局の壁に描かれたバンクセイの有名なテスコ買い物袋に敬礼する子供を描いたアートワークの上に描いた。

そのアートワークは風防ガラスによって保護されたが、それを移して、Team Robboはショッピングバッグを綺麗事で済ませて、何とかスーパーマーケット名を「HRH King Robbo」に書き換えた。

薬剤師のアナンド・チャバダ(Pharmacist Anand Chavda)は、
「彼らは、パースペックスの半面を引きはがして、次に、その上に描くためにキャニスターで手にはまり込ませました。」
「 私たちは、ねじを取り替えて、それを提供して戻しましたが、それはそれほど良くはありません。」
「私が、だれがそれを出発させたかを知りませんが、彼らは、うまくいけば、それらの違いを整理して、人々が楽しむことができるアートを作り続けるでしょう。」
と言った。

別のアートワークでは、アーチウェイ地下鉄の駅(Archway tube station)のヒッチハイカーとしてチャールズ・マンソン(Charles Manson as a hitchhiker holding)を描いた「anywhere(どこでも)」というサインをその反対側の壁に、「Team Robbo」のサインで「going nowhere(どこにも行きません.)」を言うメッセージを描いた。

落書き戦争の反対者は、ウィッティントン・ストーン・パブ(Whittington Stone pub)で、イズリントン・トリビューン(Islington Tribune)に、
「それは長年ここにあります。」
「それが最初だったと思います。」
「私は、そこを通り過ぎるのを楽しんで、それはすばらしいです。」

「彼らがアートを壊すのは、遺憾なことです。」
「 だれかがなぜそれを破滅させるべきですか? 」
「彼らは、すばらしいアートワークができると思います。」
「彼らは、それら自身の仕事ができませんか?」と言っていた。

つまり、いたずら書きの絵をけなし合いの戦争に発展した。

[AD] You can advertise on this site.

Related Dates

[AD] You can advertise on this site.

AD SPACE