on-the-time.jp

4月12日

世界宇宙旅行の日

1961年04月12日に、世界初の有人宇宙衛星船・ソ連のボストーク(Vostok/Восток)1号が9時7分にバイコヌール宇宙基地(Baikonur Cosmodrome/Космодром Байконур/Космодром Байқоңыр)から打ち上げられ、成功した。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

搭乗した27歳であったユーリー・ガガーリン(Yuriy Alekseevich Gagarin/Yuri Alekseyevich Gagarin /Юрий Алексеевич Гагарин/1934 - 1968)が世界で初めて引力圏外に出た人間になり、1時間48分で地球を1周して帰還した。
その日を記念して宇宙飛行に始めて成功した日と言う事で記念日になった。

宇宙から地球を見た時の感想を「宇宙はとても暗かったが、地球は青かった。」と表現し、流行語になった。

【広告】 春夏秋冬、肌は油断大敵です。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

この記事に関連する日付

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

gaYa広告