4月7日

世界保健デー(world health day)

美容と医学の科学

1948年の第1回世界保健総会(World Health Assembly)で、「世界保健デー(world health day)」の創設が提案され、1950年から4月7日を「世界保健デー」にした。

【広告】 シャワーのときに、石けんで洗う必要がない。チェビー・チェイスの女性のための消化剤センターの創立者ロビーネ・チュツカン医学博士は、毎日シャワーと石けんで汚れをこすり落とすことによって、私達は、良いバクテリアを皮膚からはいでいるといっている。汗まみれの運動の後でさえ、「gaYa-3」でオイル・パックをして、洗い流すことによって、水では落ちない泥や垢などの汚れを清潔にできます。

テーマは毎年、重要な重点分野を強調するためにWHO(World Health Organization/世界保健機構)で選択される。
世界保健デーは、国際社会に影響する「キー」として、公衆健康問題に焦点を合わせる世界的な機会として実行されてきている。

- 2009: make hospitals safe in emergencies
- 2008: protecting health from climate change
- 2007: international health security
- 2006: working together for health
- 2005: make every mother and child count
- 2004: road safety
- 2003: shape the future of life
- 2002: move for health
- 2001: mental health: stop exclusion, dare to care

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。