gaYa広告

4月8日

復活祭

十字架にかけられたキリストが、3日目によみがえったと言われることを記念したキリスト教でもっとも重要な記念日の一つである。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

英語では「イースター(Easter)」ドイツ語では「オステルン(Ostern)」と呼んでいるが、正教会では「パスハ(Πάσχα/Pascha/Pesach/Пасха)」の呼称の方が好まれて使われている。

ドイツ語の「オステルン(Ostern)」は、ゲルマン神話の春の女神「エオストレ(Eostre)」の名前から、あるいはゲルマン人の用いた春の月名「エオストレモナト(Eostremonat)」に由来しているといわれる。

復活祭の祝日は、もともと太陰暦で決められていたことから、太陽暦では年によって日付が変わり、移動祝日といわれている。

グレゴリオ暦を用いる西方教会では、3月22日から4月25日の間のいずれかの日曜日になり、
ユリウス暦を用いる東方教会では、グレゴリオ暦の4月4日から5月8日の間のいずれかの日曜日に祝われる。

復活祭はもともと、ユダヤ教の過越の祭りと同じ日に祝われていたと考えられていることから、アラム語の「パスハ(pascha)」から来ているヘブライ語の「ペサハ(Pesach)」から始まったと言われている。

西方教会と東方教会では、伝統的に四旬節および大斎の期間中禁じられていた肉、乳製品、卵などが復活祭の日に初めて解禁になるため、復活祭の正餐の食卓には動物性食品が並び、卵、バター、乳などをふんだんに使った復活祭独特の菓子パンやケーキが作られる。

また、復活祭には、復活祭に殻に鮮やかな彩色を施したり、美しい包装をしたゆで卵を出す「イースター・エッグ(Easter egg)」の習慣がある。
地域によっては、あちこちにイースター・エッグ」を隠して、子供たちに探させるといった遊びもおこなわれている。

また、英語圏やドイツでは、多産なウサギを生命の象徴として、ウサギの形をしたケーキやチョコレート、パンなどを「イースター・バニー」と言って出されることも多い。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

gaYa広告