on-the-time.jp

1月11日

鏡開き。

正月に年神に供えた鏡餅を割り、雑煮や汁粉に入れて食べ、一家の円満を願う行事。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

武家では、鎧などの具足に供えた具足餅を下げて雑煮にして食し、これを「刃柄(はつか)」を祝うといった。
この風習が一般化したもので、刃物で切るのは切腹を連想させるので、手や木鎚で割った。

鏡は円満を、開くは末広がりを意味し、硬いものを食べ、歯を丈夫にして、年神様に長寿を祈るということから、鏡餅を食すことを「歯固め」ともいう。

また、女性が鏡台に供えた鏡餅を開く事を「初顔」を祝うといい、二十日(はつか)にかける縁語とした。

徳川家光が亡くなったのが慶安4年4月20日 (旧暦)であったため、関東では1月20日を忌日として避け、後に松の内後の1月11日 (旧暦)とされた。

また、酒屋では、酒樽の上フタのことを「鏡」と呼び、酒樽のフタを割って開くことを「鏡割り」といった。最近では、主に、結婚披露宴や祝賀会などのセレモニーなど、めでたい席で使われることが多いことから、「鏡割り」ではなく、縁起の良い「鏡開き」という言葉が使われるようになっている。

さらに、ケーキを使った鏡開きまで登場し、本来の意味からは遠く離れて言っている。
まさに、イベント屋が日本古来の文化を破壊している。

【広告】 あなたがシャワーを使うときに犯している誤り!健康的で、清潔と考えて、そのシャワーを使うときの誤りで、あなたは発疹と乾燥肌を起こすかもしれない。美容と医学の科学専門家アマディン・イスナール(Amadine Isnard)は、熱いお湯がオイルを剥ぎ取ると教えた。例えば、汚い皿を洗うために私達が熱いお湯を使用する理由であると言っている。

【広告】 春夏秋冬、肌は油断大敵です。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。