on-the-time.jp

1月11日

鏡開き。

正月に年神に供えた鏡餅を割り、雑煮や汁粉に入れて食べ、一家の円満を願う行事。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

武家では、鎧などの具足に供えた具足餅を下げて雑煮にして食し、これを「刃柄(はつか)」を祝うといった。
この風習が一般化したもので、刃物で切るのは切腹を連想させるので、手や木鎚で割った。

鏡は円満を、開くは末広がりを意味し、硬いものを食べ、歯を丈夫にして、年神様に長寿を祈るということから、鏡餅を食すことを「歯固め」ともいう。

また、女性が鏡台に供えた鏡餅を開く事を「初顔」を祝うといい、二十日(はつか)にかける縁語とした。

徳川家光が亡くなったのが慶安4年4月20日 (旧暦)であったため、関東では1月20日を忌日として避け、後に松の内後の1月11日 (旧暦)とされた。

また、酒屋では、酒樽の上フタのことを「鏡」と呼び、酒樽のフタを割って開くことを「鏡割り」といった。最近では、主に、結婚披露宴や祝賀会などのセレモニーなど、めでたい席で使われることが多いことから、「鏡割り」ではなく、縁起の良い「鏡開き」という言葉が使われるようになっている。

さらに、ケーキを使った鏡開きまで登場し、本来の意味からは遠く離れて言っている。
まさに、イベント屋が日本古来の文化を破壊している。

【広告】 シャワーやお風呂で、石けんをつかって洗いすぎると、しばしばきつい化学薬品でいっぱいの抗菌の石けんなどで皮膚に炎症を起こしたり、繰り返し私達の皮膚のよいバクテリアを殺すことにより実際、私達の免疫は傷つけられることがあります。水では落ちない泥や垢などの汚れを「gaYa-3」でオイル・パックをして浮かし、シャワーで洗い流すことで、清潔にできます。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

gaYa広告