on-the-time.jp

2月1日

琉球王国建国記念の日

明の永楽22年(1424)から清の同治6年(1867)の至る443年間の琉球王国と中国の明・清王朝や朝鮮のほか、暹羅(タイ・アユタヤ王朝)、安南(ベトナム)、爪哇(ジャワのマジャパヒト王国)、旧港(スマトラ島のパレンバン華僑王国)、満刺加(マラッカ王国)、仏太泥(パタニ王国)など東南アジア諸国との外交文書を集成したもので、明・清二代の対中国関係文書が大半をカバーしている全262巻と目録4巻、別集4巻よりなる(現存するのは全242巻と目録4巻、別集4巻)琉球の易記録書「歴代宝案」の中に、1425年2月1日に中国明朝の第5代皇帝であった宣徳帝(1398 - 1435)が琉球の尚巴志を王と記載した書簡がにあり、これが琉球王国が対外的に認められたことがわかる最古の文書であることから、沖縄県観光事業協同組合が制定した記念日。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

「歴代宝案」の原本は関東大震災や第二次世界大戦などにより大半が焼失あるいは散逸し、台湾大学所蔵本などいくつかの写本が残るのみであるが、近年、各所の写本残篇などから再構成する作業が行われた。
原本を失ったため字句の校訂は不十分であるが、形態上はほぼ完全に近いものが今日利用できる。

1607年には、琉球王国の外交や貿易を担うために、中国から毛国鼎という人物が琉球に渡ってきた。
一族は久米村に住み、漢文、中国語を媒介として中国や朝鮮、東南アジアと、代々琉球王国の外交を担った。
日本との外交の担当者は主に禅僧で、室町幕府とも交渉があり、1467年の応仁の乱が起る前には、琉球国の使者が3〜4年に1回、京都まで来ていた。しかし、その頃の文書は残念なことに残っていない。
しかし、足利将軍が琉球国に宛てた文書の写しが4通残っている。
それは漢字まじりの仮名書きで、宛名も琉球国中山王ではなく「りうきう国のよのぬしへ」と書かれている。琉球国と日本との外交は「歴代宝案」とは違う形態で行われていた。
応仁の乱で瀬戸内航路が安全を欠くようになって以後は、堺の商人、ついでは博多の商人が琉球へ来航しての交易が中心になった。

「歴代宝案」校訂本・訳注本の編集室は、沖縄県公文書館にある。

【広告】 春夏秋冬、肌は油断大敵です。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

【広告】 あなたがシャワーを使うときに犯している誤り!健康的で、清潔と考えて、そのシャワーを使うときの誤りで、あなたは発疹と乾燥肌を起こすかもしれない。美容と医学の科学専門家アマディン・イスナール(Amadine Isnard)は、熱いお湯がオイルを剥ぎ取ると教えた。例えば、汚い皿を洗うために私達が熱いお湯を使用する理由であると言っている。

gaYa広告