2010-02-24

自分の子供を撮っていたら、ショッピングセンター警備が「小児愛者」と警告!

オンライン・ショップ

boingboingは、Raw Storyのブログからの情報として、ケビン(Kevin)は自分の息子と共にサンダーランドにあるブリッジス・ショッピング・センター(Bridges Shopping Centre in Sunderland)を訪問しました。

親族訪問のときに少年に父親は、US$10を与えた。

コインで運転できる列車に息子を座らせて、彼の携帯電話カメラで息子の写真を撮った。

そこにブリッジス・ショッピング・センターの警備員が写真を撮るのを止めるために現れ、警告した。

警備員は、ケビンが子供に金を渡して写真を撮る「小児愛者(pedophile)」であると断定し、ショッピングセンターの方針として写真撮影を禁止した。

ケビンは、ショッピングセンターで妻を見つけて、自分の子供であることを証明し、後でショッピングセンターに苦情を言うため、警備員の写真を携帯電話カメラで撮影したと報告している。

今度はプライバシー法違反で訴えられるかも?

サンダーランドにあるブリッジス・ショッピング・センター(Bridges Shopping Centre in Sunderland)のGoogle Earthポインター情報
54°54'20.84"N,1°23'4.80"W
または、
54.905789, -1.384667